成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

天気が良くて良い一日のスタートを切ったはずだったのに・・

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に原因不明の腹部の痛みに襲われ発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の会社員生活を通しての経験、子育てや家事との両立、40代後半に入ってから仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

一日のスタートを、気持ちよく切ったはずだったのに、どんどん気分が滅入ってしまった。

ふと、外を見ると、朝はあんなに天気が良かったのに、今にも雪が降りそうになっていた。

なぜか今日はそんな一日だったけど、タイトルに「心の癒し」と書かれた写真が送られてきた。

今日も天気がよくて良い一日のスタートを切ったはずだったのに・・

朝起きて、コーヒーを入れながら天気予報を見ていると、この時期には珍しく、昨日と今日は気温が高く暖かい日になると、気象予報士の人が言っていた。

確かに、昨日はいつもより暖かくて、昼近くにウォーキングに出かけた時にとても気持ちが良かった。

「そっか、今日も昨日と同じように暖かいんだな!」と気持ちがウキウキした。

 

「よし!今日も頑張ろう!」と、予定をしていたことに取り掛かったが、思うようにうまくいかなかった。

徐々に気持ちの中に焦りが出始めた。

うまくいかないし、時間ばかりかかってしまっている・・

気持ちを切り替えて、今やっていることは後回しにして、別のことをやり始めた。

別のことが全て終わってから、またやり残していたことに取り掛かったが、どうしてもうまくいかなかった。

そしてまた焦る・・

 

気持ちが焦ってきた時に、外の天気も荒れ始めていた・・

ふと、外を見ると、朝のニュースの天気予報とはまるで違った、今にも雪が降りそうな天気になっていた。

「今朝はあんなに天気が良かったのに⁉︎」と思った。

 

今朝起きた時は気分がよくて、気持ちよくベランダに洗濯物を干していた。

しかし、今の空模様は、いつ雨や雪が降ってきてもおかしくない状態だった。

 

私の気持ちはまるで、今日の天気と同じように、朝のやる気満々な気持ちから、徐々に気持ちが失せてしまったようだ。

こうなってしまうと、なかなか気持ちを元に戻すことは難しい。

全てが空回りしてしまう。

手抜きの夕飯で食事を済ませ、Amazon primeで好きな映画を観ても、全く気持ちが前を向かないので、開始10分で観るのをやめて、ゆっくりお風呂に入ることにした。

 

友達から送られてきた「心の癒し」の写真

「今日は早めにお風呂に入って、ベットで横になって本を読もう!」と気持ちを切り替えて、スマホを手にした時、遠く離れた友達が「心の癒しの写真」を送ってくれた。

出かけた時に、花屋さんに綺麗な花があったので、買ってきてリビングに飾ってみたということだった。

何という偶然だろう・・

 

「皆んな気分が沈んだ時には、何らかの癒しとなるものを求めているんだな」

と思った。

しばらくの間、綺麗な写真を観ていて、私も「心の癒し」をもらった。

 

今日は早めにベットに入って、読みたかった本を読んでゆっくり休むことにしよう。

そんな日もあるよな・・

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に原因不明の腹部の痛みに襲われ発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の会社員生活を通しての経験、子育てや家事との両立、40代後半に入ってから仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.