LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

穏やかで平穏無事な今日を迎えられることに感謝

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

今日、2021年1月18日を、こんなに天気が良く穏やかで平穏無事に迎えられることは、1年前の今日という日には想像がつかなかった。

ちょうど、病気が発症して10日目、雪の降る寒い日だった。

あの日と違って今日は、天気が良くて風も吹いていない、気持ちの良い今を迎えている。

今日は特に、こうしていられることに、感謝の気持ちが込み上げて止まない。

今はこうして、歩くことができる

今からちょうど一年前の今日、原因が分からない体の痛みが強くなる一方で、歩行も困難になっていくのをどうすることも出来ない状態で迎えていた。

体に痛みを感じてから、ちょうど10日目の日だった。

− その時の状況 −
↓ ↓
【脊髄炎症状④】痛みが強くなり歩行困難に!だが受付で診察を断られてしまった
【脊髄炎症状⑤】腹部の強い痛みで救急車で搬送!検査結果は異常なしで夜中に帰宅

 

しかし一年後の今日は、こうして歩いて朝9時に予約していた歯医者へ向かっている。

▲ 1年前もこのブーツを履いて病院へ行ったな・・

 

考えてみたらこのブーツを履くのは、ちょうど1年ぶりかも。

歯医者に向かって歩いている今日は、なんだかいつも履いているスニーカーや、ウォーキングシューズよりも足に痛みを感じないのは気のせいかな。

そんな浮かれた気持ちで歯医者に到着。

 

受付で診察券を出したら、

「今日のご予約は16時になってますが・・」

「えっ⁉︎⁉︎」

と言いながら、受付の女性に予約表のカルテを見せられ

「やらかした!!」と思いながら、

「16時にまた来ます」^^; と答えた。

 

しかし、

「次の方の診察まで少しの間であれば診ることが出来ます」

となんという神対応!

「いいんですか⁉︎ ありがとうございます!」

と言って、早速診察台へ。

 

ここの歯医者は、とにかく治療が早い!

男前の女医先生で、私はとても信頼を寄せている。

結局、次に予約をしていた人を待たせることなく、時間通り(20分間の治療)で本日の治療は終了した。

なんて良い日なんだ!!(笑)

 

帰りに公園のベンチに腰掛けて飲むコンビニコーヒーの美味さ!

帰る途中にコンビニに寄り、コピーを取っている時にコーヒーのいい匂いがした。

歯医者の帰りだし少し悩んだが、「飲食は時間を置かなくても大丈夫」と、歯医者でお金を払っている時に確認はしていた。

やはり誘惑には負けてしまった。

コンビニコーヒーを片手に、途中にある公園へ寄り道をする。

 

公園の入り口に、招き猫を発見!

神社へ参拝をした時に、猫がいたりすると「運が舞い込む!」とこの間テレビでやっていた。

そんなことを思い出しながらウキウキしながら、勝手に猫の撮影会を開始した。

この公園内に神社は無いが。

 

▲太陽の光を浴びる猫
因みにこのブログの”アイキャッチ画像”は、この後の懐っこい姿である。←「吾輩は猫である」ふう。

 

▲ベンチを目指している途中で、冬の池に水が無い代わりに、市松模様の水溜りを見て思わず”JAPAN”と口にでた!
東京オリンピックエンブレムを思い出し「ガンバレ日本!コロナに負けるな!」を感じる!

 

▲コンビニコーヒーは冷めてしまっていて、手も悴んでいたが、陽の光を感じながら元気になった脚をバタバタさせた。
子供か! 笑

 

本当に穏やかな今日という日に感謝しながら1年前の今日が蘇る

1年前は、2回「覚悟」をした日だった。

 

1回目は、大きな総合病院の受付で「紹介状がないと、うちの病院では診察は出来ません」と言われてしまった時に、思わず病院で天(天井)を仰いだ時。

2回目は、夕方救急車で搬送された病院で、痛み止めの点滴を打っても全く効かない状態で、検査を行ったが結果は「異常なし」と先生から告げられ、「異常が無い場合は入院ができないので、帰ってもらうしかないですね」と言われた時。

 

付き添ってくれた目の前にいる子供達を見て、ただただ悲しい気持ちになるばかりだった。

病院側の立場に立てば、仕方のないことだったのかもしれない。

 

1年経った「今」こうして自分の脚で歩けることに感謝をするだけだ。

 

太陽のパワーをもらって前に進めることに感謝

さて、だいぶ体が冷えてしまったので、帰ることにしよう。

 

▲この間行ってきた「円明院」の世界一のパワースポットと、同じパワーを感じた!

*記事はこちら
↓ ↓
世界一のパワースポット!奇跡のお寺円明院でご利益を頂いてきました!

 

太陽が眩しく、本当に気持ちの良い日だ。

今日も頑張ろう!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

運気好転して幸せになる 奇跡の寺の教え [ 泉 智教 ]
価格:1595円(税込、送料無料) (2021/1/18時点)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.