LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

世界一のパワースポット!奇跡のお寺円明院でご利益を頂いてきました!

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

ずっと前から、従姉妹から話しを聞いていた「世界一のパワースポット」といわれる 円明院(えんみょういん) に興味があった。

「パワースポット」と聞いて、大抵の人は興味を持たないはずがない。

もちろん私もそうだ。

更に『世界一』と付けば「ますます行きたくなる!」か「ホントかな・・」と思うかのどちらかだろう。

従姉妹曰く「考え方が変わった」「楽に生きられるようになった」「医者からは治らないと言われた知覚過敏が治った」「身体の調子がよくなった」等々の話しを、時々聞かされていた。

そしてもう一つ、「東日本大震災の時に奇跡的に津波の被害にあわなかったお寺」だったと聞いて、益々興味が湧いてきた。

今回2021年の新年を迎えるにあたって、なかなか実現しなかった「世界一のパワースポット 奇跡のお寺 円明院」へ従姉妹と行くことができたので紹介したいと思う。

円明院 基本情報

寺社名 円明院(えんみょういん)
所在地 福島県南相馬市原町区小浜字丸山18-1
電話番号 090-3126-7909
休館日 無し
住職の講話 毎週土曜日・日曜日・祝日 12:00~開始(受付:9:00~)
奥の院(パワースポット)からの下山時間 14:30
入場料 2,000円
駐車場 有り:無料
ホームページ 公式ホームページ

 

円明院 地図とアクセス

常磐自動車道:浪江IC下車→国道6号線で約36分
磐越自動車道:郡山東IC下車→国道288号線で約1時間45分
東北自動車道:福島西IC下車→川俣町経由(有料道路一部使用)約1時間45分

 

奇跡のお寺 円明院 といわれる理由

私も含め、福島の人達は忘れることができない「東日本大震災」。

今年で、もう10年という年月が経とうとしている。

あっという間に時は過ぎたが、記憶はついこの間の事のように今も感じてしまう。

 

円明院の駐車場からは大きく広がった海が見える。

海までの距離は500メートル程だが、このお寺は奇跡的に津波の被害にあわなかったそうだ。

「奇跡のお寺」と言われる所以はそこにある。

 

私達が訪れた日は、時々雪がチラつきはするものの、天気が良くて太陽の光が海に反射して綺麗なとても穏やかな日だった。

それゆえに、目の前に広がる海は震災の時のように荒れ狂い、自然の怖さを感じさせる海とは全く違うもので、この日の海を観る限りでは、この辺一帯を津波が襲ったことすら想像がつかなかった。

この日の海は青く穏やかな海だったが、震災の海の(津波)は黒かったという。

こんなに至近距離にある海からの津波に、被害にあわなかったこのお寺は、確かに「奇跡のお寺」だと感じずにはいられなかった。

 

円明院 雑誌掲載情報(円明院内に置いてあった雑誌の一部)

▲全国パワースポット100選に紹介

 

▲掲載記事

 

円明院 外観

▲駐車場入口にある階段の上に建つ大きな「幸福観音」像

 

▲入口

 

▲本堂

 

▲本堂手前にある「大浄化塔」

 

円明院 内部

▲正面

 

▲住職の講話風景

 

円明院 泉 智教 住職の講話を聞いて

私達は、講話が始まる1時間半前の10:30に円明院に到着した。

受付を済ませ本堂へ入ると、泉住職自らが受付(祈祷)の説明をしてくれた。

祈祷祈願料が細かく分けられていて、「家内安全」に1,000円、「商売繁盛」に1,000円、全部だと10,000円というように、本堂へ入ると入場料とは別に、自身がお願いしたいことを◯で囲み封筒へ入れてお願いをする。

 

円明院の泉住職は、梅沢富美男似の(あくまでも私の印象です)親しみやすいおじさんという印象だった。

誰にでも気さくに声をかけてくれて、「ここのお寺はね〜」とか「有難いことにいくつか雑誌にも取り上げてもらったんだよ〜」などと、これまでの奇跡(ミラクル)を気さくに説明してくれる。

「写真も好きなように撮って構わないからね。たくさん運気をもらっていってくださいね〜」

というこの人柄が、何度もこの円明院を訪れたくなる理由の一つであるというのも納得である。

 

何を隠そう、私の従姉妹もこの時で4回目だった。

「初めて行った時だけは、必ず泉住職の講話を聴かなければならないけど、2回目からは聴かなくてもいいんだよ。でも、私は心に響いたから、毎回聴きたいと思っている!」

と従姉妹からは何度か聞いていた。

 

講話が始まると、泉住職と一緒に大きな声で「運を引き寄せる言葉」を復唱させられるが、ここにたくさんの笑いがあり「シンプルに生きることが、一番楽しく楽な生き方だ」というヒントが散りばめられている。

  • 人生は一度きり自分らしく(人とは比べない)
  • 死ぬ時に良かったと思える(未練なくぽっくり)
  • 宗教や占いに頼っても良くならない、自分軸をしっかり持つこと
  • 感謝の気持ちをちゃんと口に出すこと、じゃないと人に伝わらない
  • 願いや目標は超高く、落ち込んだ時は尚超高く気持ちを持つ
  • 誰にも負けない努力をすること
  • 付き合う人を選ぶこと
  • 嘘、グチ、文句、悪口、不平不満、つげ口、陰口、は毒のかたまり
  • 不足、不安、心配の言葉は口にしない
  • 願い事は、目的を決めて言い切る

他にもたくさんの言葉を、面白おかしく住職から伝えられる。

「人生笑った者勝ち」とはいうが、一度しかない人生を不平不満を口にして、不安や心配を持ちながら生きても、良いことは訪れない(運が逃げてしまう)ということだ。

 

私は、人間に唯一平等に与えられているものは『時間』だと思う。

だから、一生を不平、不満、心配や不安で過ごすよりも、笑って過ごしたほうがいいと思っている。

そこには人との比較はしないことが前提である。

ということを再認識できた、貴重な楽しい時間だった。

 

いよいよ 世界一のパワースポット へ脚を踏み入れる!

▲「世界一のパワースポット」の入口

 

▲パワーを感じる写真(行き)

 

▲歩道の所々にある住職の言葉

 

▲未来(坂)の石碑
ここまでに「過去」と「現在」の石碑があった

 

▲頂上入口の「元気ぽっくり地蔵」さま

 

▲頂上に建つこのお堂付近が「龍の回遊場所」

 

▲展望台からの景色

 

▲パワーを感じる写真(帰り)

 

世界一のパワースポット のご利益を感じて

▲寝ながら撮った空、全身でパワーをいただく!

 

円明院ではたくさんのパワーをもらうために、レジャーシートを持参することをおすすめしている。

本堂の裏にある小さな山(世界一のパワースポット)に長い時間滞在することで(下山時間は14:30)、パワーをしっかり全身にいき渡らせるそうだ。

私も従姉妹とレジャーシート持参で、横になってきた。

特に病気の人には病気がよくなると言われているようなので、私も昨年に発症した脊髄炎の後遺症がよくなるようにと、全身でパワーを浴びてきた!

横になって雲の隙間からの陽の光を感じたり、冷たくてキリっと澄んだ空気を(これがパワーなのかもしれない)感じていると、心が穏やかになった。

 

大きなパワーが動いたのか⁉︎ ロープが揺れて鈴が鳴った!

この山には、途中の歩道と頂上にロープが張られていて、そこには鈴が付いている。

このロープと鈴には、触ってはいけない。

風が吹いてもこのロープは揺れることがなく、鈴も鳴らないそうだが、大きなパワーが動くとロープが揺れて鈴が鳴ると言われている。

そしてその鈴の音を聴くと、その人にとってこれから良いことが起こる前触れだそうだ。

途中の歩道では全くロープは揺れもせず、当然鈴は鳴りもせず、といった感じだった。

従姉妹とは「私達はダメだねー!笑」と言いながらも、心のどこかで期待をしながら登っていた。

 

頂上に着いて一息つきながらゆっくりと景色を眺めていると、不思議なことに風も吹いていないのに、急に鈴がなり始めたのだ!!

思わず従姉妹と「わー!やったー!」と叫んでしまった。(笑)

「きっとこれから先良いことがあるぞ!」と信じながら、この日の住職の講話を聴いて笑った時と同じくらいに、ウキウキした瞬間だった!

 

まとめ

今回「奇跡のお寺 円明院」へ訪れた感想として、ただのパワースポットではなく、泉住職の講話を聴いて元気のパワーも貰える場所なんだと感じました。

住職の話しの途中に明るくお金の話しが出ますが、感じ方は人それぞれだとも思います。

  • 元気をもらえた!
  • 気持ちが明るくなった!
  • クヨクヨしてても仕方がない!
  • 笑って楽しく生きよう!
  • 出逢った人に感謝をし「ありがとう」と言おう!
  • 今が幸せであることを実感して感謝しよう!

と感じることができたことに感謝です。

 

そして、東日本大震災からもうすぐ10年になりますが、円明院へ行く道中に震災直後のままの光景も目にします。

私達が訪れた日は、天気が良くて空が青くて海が穏やかでとても広くて、その景色を観て心が穏やかになる、とても平和な日でした。

景色を観ているだけで感謝の気持ちが湧いてくる、そんな時間を過ごすことができました。

 

日常の些細なことが当たり前ではないことにも気付かされ、不安を抱えながら生きるのではなく、楽しく笑って生きることが運を引き寄せる一番のパワーなんだと思います。

是非「世界一のパワースポット 奇跡のお寺 円明院」で、”気持が元気になり運を引き寄せるパワー”というご利益をいただいてはどうでしょうか。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.