成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

家族とのかけがえのない時間と子供の成長を感じた時間

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

今日は早朝に家を出て、オープンから丸一日スキーを満喫してきました。

⁡数えたらナント18年振り。

実は今日、息子は蔵王スキー場へ行く予定でしたが、昨夜お友達からインフルエンザにかかってしまったと連絡があり、東京からボード一式を持って帰ってきていたので少し寂しそうでした。

⁡「明日近場のスキー場に一人で行ってくるわ」と言っている息子を見て夫は、「俺が明日一緒に行ってやる!」と急に言い出しました。

⁡⁡夫は(私も)寒いところが苦手なので、冗談で言っているのかと思いきや、それに巻き込まれるような形で娘も急遽もう一日滞在を延長し今日は家族でやってきました。

 

⁡私は子供達が小学生の時に、毎年2週間近くスキー合宿に行かせていました。

⁡それで子供達はスキーの楽しさを知り、毎年お友達の家族とで来ていたんです。

⁡子供達が小学生の低学年の時は、私の後をついて滑っていたのに、毎年どんどん上手くなって追いつけなくなっていました。

⁡⁡そんな成長が当時は嬉しかったですね。

⁡しかし子供達が成長するにつれ、特別クラブや部活が忙しくなって次第に来れなくなっていきました。

⁡それでも、いつか…と、ウエアとブーツ、板と一式取っておいたのですが、昨年の夏にリフォームをした時に、大きな断捨離をし全て夫の職場の人に譲りました。

⁡「もう、スキーに行くことはないだろう」

と思ってのことでしたが、まさか今日来ることになるとは。

(あるあるですね😊)

⁡今日は18年振りというのと、私も病気後のスキーで脚に力が入らず、家族に守られながら滑ってきました。

⁡⁡娘は直ぐに感を取り戻し、安定感のある滑りで楽しんでいました😊

⁡息子は今は、スキーではなくボード派で、初めて滑りを見ることができました。

⁡さすがこのシーズン毎週行っているだけあります。

⁡途中、上級者コースしか選べないゲレンデでは、転んでそのまま落ちていく私を、夫や息子が助けにきてくれ本当に有り難かった。

⁡でも、なんか自分に悔しくて、何度も「クソー!!」と心の中で叫んでました。

⁡私と夫は膝がガクガクで、レストハウスで休んでいる最中も、子供達は滑りにいきました。

さすが若い✨✨

⁡今日は頭の先からつま先までフルセットレンタルで、ナント10,000円ポッキリでした!!

⁡今は昔のように雪の量も多くないので、普通に買い物に行く服装で、スキー場にやってきてもOK!!

私や夫のように年に数回しか来ない人は、これで充分ですね!

帽子とゴーグルとグローブは、新品で持ち帰りできるんです。

⁡また来年の冬来れるかな…

来れるといいな。

⁡来年はボードに挑戦してみようかな。

と言ったら家族に笑われましたが、私意外と本気です🔥

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2024 All Rights Reserved.