成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

願望でモノを買うのはやめよう!現実を受け止めることが大事です

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

私、ちょいちょいやらかします。

「自分の未来への願望」でモノを買うことを。

先日もやっちゃいました!

生活のリズムが変わり食生活の乱れが原因

私、東京でサラリーマン生活をするようになってっから、平均すると5kg、多い時で7kg太りました。

原因は、紛れもなく、食生活の乱れです。

 

田舎にいた時は、仕事で遅い時間に家に帰っても家族は寝ていたので、私もそのまま何も食べずに寝ていました。

朝も、家族のお弁当を作った残りを食べて、仕事へ出掛けていました。

 

しかし、東京で息子と一緒に生活をするようになって、遅い時間に帰ってきても「子供にはちゃんと食べさせなきゃ」という親の使命感が、自然に働くわけです。

 

会社を出てから家に着くのは、夜の9時過ぎです。

そこからご飯を作って一緒に食べ始めるのは、夜の10時過ぎになってしまうんです。

 

それから子供と一緒にご飯を食べ始めるので、もう既に夜食の時間帯の域ですよね。

巷にあふれたダイエット本を見ると、「夜の10時以降に食べると間違いなく太る!」なんていう言葉が踊っているわけです。

 

危険な過去の自信

でも、そんなこと気にもしていなかったんです。

なぜなら、高校の時から体重が変わらなかったからなんです。

 

出産の時と、30代前半に仕事のストレスで太ったことはありましたが、直ぐに戻ったんです、若かったから。(笑)

そんな経験もあって、「少し太っても直ぐに戻せるだろう」程度で考えていました。

 

しかし、「子供と一緒にご飯を食べること」「仕事からの解放感」「その時間までの空腹の我慢」が、夕飯(夜食の域)を食べ始めると、私の満腹中枢のリミッターを壊しにかかるんです。

 

気付くと、食後のデザートも一緒に子供と食べたりして。(夜の11時近くに!)

食事が終わるのは、夜の11時頃。

 

そこから、お風呂に入って12時半ごろに床に入ります。

ひどい時は、化粧も落とさずそのままベットに横になり朝を迎える、なんてこともしばしばありました。

 

寝る3時間前からは、食べたものが身になってしまうので、食べない方がいいとも言います。

この時は、そんなことはお構いなしの生活を、胸を張ってやっていました。

 

なぜなら、昔少し太った時に、直ぐに戻ったから。

今なら言えます、「戻りませんから〜!! あなたは残念な人ですね!」と。

 

綺麗に右肩上がりに増える体重

そんな生活をしているので、体重は右肩上がりに増えていきます。

そこに息子が「お母さん、体重計見ながら”また太っちゃった〜”って言っているけど、田舎で仕事をしていた時は、いつも仕事のことばかり考えていたから、まぁいいんじゃない、今も仕事も頑張っているけど楽しそうだから」なんてことを言ってくれたんです。

 

人間は楽な方に流れ、自分の都合のいいように解釈するものです。

「だよね〜」と私は、ゆる〜く自分を甘えさせていたんですよね。

 

それから1年後、「やばい!」と思った時は、時既に遅しで、「夜の食べ癖」「甘やかせた気持ち」「代謝が衰える40代後半」が大きな擁壁となり、どうやっても痩せません!それはそれはびっくりするくらい!

今は、少しずつ体重を減らしている努力をしているつもりではあります。

 

昔のサイズがインプットされている、とんだ勘違い

前置きが長くなりましたが、買い物に行くと試着をしないで買ってしまうことがあるんです。

先日、家の近所にある大型スーパーの文房具コーナーで買い物をしました。

 

その隣に、婦人用の下着コーナーがあるんですが、私が好きなブランドの下着が30%offで売られていたんです。

しかも、その日着けていたブラジャー(以下:ブラ)の色違いのもので、色も好みのものでした。

 

「そろそろ新しいものを一つ買いたいな」と思っていたところだったので、「これはラッキー!」と思い買うことにしました。

そこで悩んだのがサイズなんです。

 

現実を無視して願望で購入した失敗

実はこの日着けていたブラは、店員さんにサイズをみてもらって買ったものなんですが、ちょっと大きめに感じていたんです。

そして、心の中で「これから痩せるんだし」という”根拠のない言葉”がささやいてきたんですよね。(これ時々あること)

 

それなら、一つ下のサイズがいいかなと思い、試着もせずに買ってきました。

この日は暑かったので、帰宅後直ぐにシャワーを浴びました。

 

早速、新しいブラを着けたんですが「あれ⁉︎とっても苦しい…、1つサイズダウンしただけで、こんなに違うもの?」と思いながらも、新しいブラをつけたまま夕飯を作り始めました。

しかし、苦しさに耐えられず、他のブラでサイズを確かめました。

 

すると、買ってきた新しいブラのアンダーサイズが、2つ下のサイズだったんです。

「あっ、そうだった!前回買った時、1つ大きいサイズを店員さんに勧められて買ってた!」ということを思い出しました。

 

高校時代から変わらなかった体重と洋服のサイズが、頭の中にインプットされているので、普通に疑いもせず、基準にしていたサイズは昔のサイズだったんです。

そりゃー苦しいわけですよね、単純に10㎝違うわけですから。

 

私の昔のサイズ、及び、”根拠のない”将来必ず痩せる願望が招いた、ムダな買い物となってしまったこの現実。

娘に使ってもらおうかと聞いてみると、「サイズが合わないから無理」と言われ、行き場のないブラが、クローゼットの引き出しに今も仕舞われています。

 

「自分の未来への願望」でモノを買う。これ、忘れた頃にやってくるんです。

気をつけましょう。(自分へのリマインドも兼ねて)

 

 

 

ポチ嬉しいです! ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

↑  クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2022 All Rights Reserved.