成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

年齢を言い訳にしない生き方と50代夫婦は共通の話題が貴重です

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

ここ数日、風邪なのかコロナなのか、インフルエンザなのか分からない症状に悩まされ、一度咳が始まると止まらない辛い日が続いております。

体がだるくなるので、熱があるのかと計ってみても平熱のまま。

なんだか嫌になってしまいます。

年齢を言い訳にはしたくない

⁡「歳だから、しょうがない」は言い訳にはしたくないと思っています。

使い方によっては便利な時もあるけど、「歳だからできない」はもう少し先の言い訳に取っておきたいと思っています。

 

本当は一生その言い訳をしたくないと思っていましたが、両親を見ていると本当に歳が理由でできないこともあるんだなと感じることがあります。

あんなにピンピンして元気だった父も、ちょっと遠出をしただけで「疲れたな〜」と口にしている姿を見ると、歳を取るってやっぱりこういうことなんだなと思います。

 

それと、私ぐらいの年代は「更年期」という期間を避けては通れません。

それこそ「心と体は別物」を痛感します。

 

今回の風邪なのかよく分からない症状とは、関係がないかもしれませんが、気持ちは通常モードであっても体が別の方向を向いて走っているようなことを、更年期を迎えてから感じずにはいられません。

だからこそ、人生の後半戦は自分をご機嫌にしておくことが大切なのかもしれませんね。

 

 

台所に立つことを苦に思わない夫⁡

もともと食べることが大好きで、空腹を我慢できない夫は、台所に立つことが苦ではありません。

調子が悪い私に代わって、玉ねぎをスライサーで切ろうとしていたので「せっかくだからマリネ作ってみる?」と聴きながら私は準備を始めました。笑

 

玉ねぎ好きであり、家食が好きな夫にマリネ作りを伝授しました。

昨日の夕飯の時には、ワインを飲みながら自分で作ったマリネを食し、夫は満足気でした。笑

 

⁡私が東京で仕事を始めてから家事もやるようになったので、一般的には”神夫”と言われるのかもしれないですね

⁡有り難いことです。

 

⁡夫と共通の話題が増えました

そして、私の影響か、先日一緒に観に行った映画の影響か、夫はアニメのキングダムを見始めました。

良き良きと思いながら、静かに見守ってます。

⁡会話のネタがまた増えて、良い流れができてます。

私と夫は真逆の性格でもあるので、価値観や共通の趣味が全く違います。

 

なので、”共通点探しゲーム”のように、少しでも共通点が見つかると、そこを広げるようにしています。

夫とのキングダム談義、しばらく続きそうなので楽しみです。

 

私の周りでも体調を崩しておられる方が多いので、皆さまもご自愛くださいませ。

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.