LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

K145 人の目を気にせずに好きなことをやってみましょう

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

2021年5月8日(土)

K145
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の145日目)
赤い蛇
黄色い種
音2

ガイド:赤い地球

 

今は、マヤ暦では「黄色い種」の13日間です。(今日は2日目(音2)です)
黄色い種の紋章のキーワードは

・生命の種
・目覚め
・開花の力
・イデア(アイデアの語源)

「人生は魂の覚醒の旅」です。大切なことを学び、成長するために必要なことは「無限の可能性に蓋をしない」ことです。
黄色い種は現状維持を望んでしまいます。「本当の自分」を開花させるためにこの世にやってきたのに、それでは魂の成長に結びつきません。新たな挑戦意識をもって現状維持から抜け出した時に、人は覚醒するのです。

 

●今日のもう一つのエネルギー「赤い蛇」のキーワード
・血と情熱
・コントロールの力
・真実を暴く
・本能

●音2 ・・・ 挑戦

 

今日 K145 のメッセージは「人の目を気にせずに好きなことをやってみましょう」です。

今日は、心を緩めて好きなことをやってみましょう。

今は黄色い種の13日間です。

種は水をあげて、殻を柔らかくしておかないと芽が出ませんよね。

過去のことにこだわっていたり、こうなんだという決めつけがあったりすると、新たな気づきををキャッチすることができません。

気持ちの殻を柔らかくしておくことで、今まで気付かなかった自分に気付くことができ、自分の奥深くに眠ったままの才能を目覚めさせることができるのです。

是非「やわらかい心」でいることを意識してくださいね。

 

そして今日は、赤い蛇のエネルギーも流れています。

赤い蛇は、人の目や、人の評価が気になってしまうので、常に緊張感を持っています。

  • あの人は私の仕事の仕方に不満を持っているはず・・
  • このプレゼンは笑われるかもしれない・・
  • 今日の服装はおかしいと思われているかもしれない・・
  • うちの子はバカにされているかもしれない・・
  • 夫が私の行動や言動をよく思っていないはずだ・・

などのような、周りの目が気になってしょうがない、気が休まらない、といったことがあるかもしれません。

しかし、意外と自分が思うほど、他人は自分のことに関心を持ってはいないものです。

そこに神経を使うよりも、自分自身の好きなことに集中したほうが気持ちが楽になります。

それでも、うまく自分の気持ちをコントロールできないと感じてしまった時は、赤い蛇のエネルギーは爆発してしまいますので、心が許せる人に話を聞いてもらったり、ちょっと贅沢な物を食べて自分にご褒美をしたり、睡眠を充分にとることをして自分の気持ちをほぐしてあげましょう。

 

今日は音2が持つ「挑戦」も重なっていますので、人の目を気にせずに思い切って好きなことをやってみるといいですよ^^

 

 

ゆうりんの近況

我が家には”レイ”という名の1歳のメスのトイプードルがいます。

いつからか、ボールで遊ぶ時も、お気に入りの人形で一緒に遊んでいる時も、なぜか「ガルルル・・」というようになりました。(笑…しかし何故?)

機嫌が悪いわけではなく、じゃれているのは分かるのですが、たまにその判断がつかない時あります。

まさに昨日の夜がそうでした。

レイがいつの間にかトイレを済ませていたので、

「レイちゃ〜ん、お尻拭こうね〜」

とウェットティッシュを持って近づき、いつものように 顔→お尻 の順番で拭こうとした時、突然私の右手の中指を噛みつきました。

血がダラダラと出て止まりませんでしたので、心臓より上(前にそうすると良いとテレビで見た記憶が・・)に右手を上げました。

ようやく止まってから、夫に絆創膏を指に巻いてもらいましたが、しばらくズキズキと傷んでいました。

 

レイは「噛んでしまってごめんなさい」といった感じで、今朝までとても静かにしていました。

夜はいつも夫の布団に入って寝るのですが、何故か私の布団の上で私を待っているかのように、目だけキョロキョロさせて丸まっていました。

私が寝ようとして話しかけると、絆創膏で巻かれていない指をペロペロと舐めてくれて、今朝まで私の布団の上で寝ていました。

いつもだと夫が起きだすと一緒に元気良く起きますが、今朝は全く起きることもなく、やはり目だけキョロキョロさせてじっとしていました。

 

犬も「悪いことをしたな」と深く反省するんですね。

噛まれたのは今回で2回目ですが、今回はだいぶ反省してくれたようでした。

そんな愛犬レイの姿を見て、「気持ち」って態度でちゃんと伝わるんだなと思いました。

とっても愛おしく感じている今です。

 

▲今朝も反省中のレイ

 

ちなみに、さっきまで大人しくしていたレイを、夫が1Fへ連れていきました。

今はリビングで夫と元気にボール遊びをしているようで、ボールが弾む音と、レイの元気な

ワン!(さぁ来い!)

という声が聞こえます。

いつもの元気なレイに戻って良かったです^^

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.