LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

K146 つながりを大切にすることで運がやってくる

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

2021年5月9日(日)

K146
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の146日目)
*黒キン連続10日間の1日目
白い世界の橋渡し
黄色い種
音3

ガイド:白い犬

 

今、マヤ暦では「黄色い種」の13日間です。(今日は3日目(音3)です)
黄色い種の紋章のキーワードは

・生命の種
・目覚め
・開花の力
・イデア(アイデアの語源)

「人生は魂の覚醒の旅」です。大切なことを学び、成長するために必要なことは「無限の可能性に蓋をしない」ことです。
黄色い種は現状維持を望んでしまいます。「本当の自分」を開花させるためにこの世にやってきたのに、それでは魂の成長に結びつきません。新たな挑戦意識をもって現状維持から抜け出した時に、人は覚醒するのです。

 

●今日のもう一つのエネルギー「白い世界の橋渡し」のキーワード
・橋渡しの力
・死と再生
・ゆだねる

●音3 ・・・ 未知体験

 

 

今日 K146 のメッセージは「つながりを大切にすることで運がやってくる」です。

今マヤ暦では、「第3の城の52日間」を過ごしています。

第3の城は、変動が激しい日が続くので、忙しさや気忙しさを感じることも多いと思います。

 

そして、今日からマヤ暦では、黒キン連続10日間が始まります。

強いパワーが後押ししてくれることもあるかもしれませんし、反対に、ネガティブな事を考えてしまうとその動きに飲み込まれてしまいます。

不安や心配なことは考えないようにして、ポジティブな気持ちで過ごしましょう^^

 

 

今日は、「白い世界の橋渡し」のエネルギーも流れています。

白い世界の橋渡しは、仕事人間と言われるくらい仕事ができる能力が高く、抜群のコミュニケーション力も備わっています。

人と関わるにはコミュニケーションが不可欠ですし、あらゆることは「人とつながること」から始まります。

 

更に、白い世界の橋渡しには、「橋渡しの力=つなぐ」ことで、活躍の場が広がっていくエネルギーがあります。

  • 人と人とをつなげる
  • 仕事と仕事をつなげる
  • 情報と情報をつなげる
  • 物や考え方をつなげる
  • 家業を次の世代へつなげる
  • 自分がやっていることをあの人にも教える(つなげる)

 

つなげるにもいろいろな形があり、意味があります。

あなたがつなげる役割をしたり、或いは自分自身がつながることで、たくさんの学びや気付きを体験することになります。

それによって、魂が成長しエネルギーや活動するステージも上がり、チャンスを掴み運を引き寄せることができるのです。

 

今日は是非、おもてなしの心(相手を認めながらコミュニケーションを取る)で過ごし、たくさんのこととつながってみてくださいね^^

 

 

ゆうりんの大切なつながり

私の周りには「素敵だな」と思う女性が何人かいます。

その中のお一人で、私よりもはるかに人生の先輩で、私のような取るに足りない者とでも、快くお付き合いをしていただいている魅力的な方がおられます。

私がお世話になった会社の創業メンバーでもあり、会社にはなくてはならない存在の方なので、今でも仕事をバリバリされています。

 

その方との出逢いは10年以上前になりますが、最初の5年間は電話越しでしか話したことがありませんでした。

私が地方の会社で仕事をしていた時に、その方がおられた会社との取引があったので、時々電話で話すことがありました。

仕事上、取引先のたくさんの方々とお話をさせていただく機会がありましたが、特に印象に残っている女性でした。

仕事に向き合う姿勢やご自身が年上だからといって偉ぶらない態度と、なんといっても同じ女性として、その方の話し方と声から伝わる「嫌味のない品の良さ」が電話越しから伝わってきて、話をしながらいつも「どんな人なんだろう」と思っていました。

 

縁があって、私はその方がいる東京の新橋の会社で働かせてもらうことになりました。

入社初日に、全社員が集まる週1回の朝礼で、私は挨拶をすることになりました。

朝礼が終わった後、その方が私のところへ駆け寄ってきて、挨拶をしてくれました。

知り合ってから声だけのお付き合いでしたので、当然顔をあわせて話をすることは初めてで、実際お会いした時は思っていた通りのチャーミングな素敵な方でした。

それからは、時々ご飯を一緒に食べに行ったり、休日も美術館へ行ったり、仕事のことを相談したりして、とても親しいお付き合いをさせていただきました。

 

それは今も続いていて、一昨日にその方から贈り物が届きました。

中には手紙が入っており、私の誕生日が過ぎてしまっていたことに気付いて、遅れてしまって申し訳ないという内容が記されていました。

そして贈り物の和菓子は、祝い事に送られる紅白のモナカで、お菓子の名前に「招福」という縁起の良い文字が入っていました。

気遣いが感じられる手紙とモナカに、胸が熱くなりました。

モナカも、今までに食べたことがないくらいの皮がサクサクな食感で、餡も品の良い甘さでした。

 

▲菓子名に「招福」の文字が入った紅白のモナカ

 

人生の先輩で魅力的な方に共通していえることは

きちんと自分の芯をもっていて、周りへの気遣いもできている人

が多いです。

改めて、私もそんなふうに歳を重ねていきたいなと思いました。

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.