LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

K153 心が疲れていると感じたら自分だけの空間を大切にしよう

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

気持ちをニュートラルにして過ごしたい人の案内人、マヤ暦ライフ研究家の 成瀬汐里 です。

 

2021年5月16日(日)

今日のキンナンバーは
K153  
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の153日目)

赤い空歩く人
黄色い種
音10

ガイド:赤い龍

*黒キン連続10日間の8日目

 

今、マヤ暦では「黄色い種」の13日間です。(今日は10日目(音10)です)
黄色い種の紋章のキーワードは

・生命の種
・目覚め
・開花の力
・イデア(アイデアの語源)

「人生は魂の覚醒の旅」です。大切なことを学び、成長するために必要なことは「無限の可能性に蓋をしない」ことです。
黄色い種は現状維持を望んでしまいます。「本当の自分」を開花させるためにこの世にやってきたのに、それでは魂の成長に結びつきません。新たな挑戦意識をもって現状維持から抜け出した時に、人は覚醒するのです。

 

●今日のもう一つのエネルギー「赤い空歩く人」のキーワード
・人々の成長を手助けする
・天と地の柱
・勇気

●音10 ・・・ 調整

 

今日 K153 のメッセージは「心が疲れていると感じたら自分だけの空間を大切にしよう」です。

今日は、周りの人からの何気ない一言に傷ついたり、落ち込んでしまうことがあるかもしれません。

言う方は何気ない言葉でも、言われた方のその時の状況や心の在り方のによっては

  • なぜ、あんなことを言われなくちゃいけないの?
  • 私の気持ちを分かってくれない
  • 私はちゃんとやっているはずだけど・・
  • 昔はこうだったから間違いがないはずです!
  • あなたは前からずっとそういうことを言うわよね!

と思うこともありますよね。

 

今日のもう一つのエネルギーは「赤い空歩く人」です。

赤い空歩く人は、20の紋章の中で一番感受性が豊かで、経験したことが全てだと思いがちなエネルギーを持っています。

 

人から「伝えてもらったんだ」と受け止めれば、

  • そんなことは今まで知らなかった!新しい発見!
  • それって私に足りないことかもしれない・・
  • ちゃんとやっていたと思っていたけど抜けてしまっていた、教えてくれてありがとう!
  • 昔に比べたら、人の考えも世の中の流れも変わったよね。
  • この人が私にずっと伝えてくれていることって何だろう

と思えるかで、その人との、その先の関係性や付き合い方が変わってきますよね。

それには、素直な気持ちで、一旦相手の言っていることを受け入れてみることが大切です。

 

受け入れることができた」と思えた時、或いは「今の自分にはその余裕がない」と感じたのであれば、赤い空歩く人の紋章には「一人の空間が必要」という要素も持ち合わせています。

気持ちが疲れてしまったり、頑張った自分を褒めてあげたい時には、一人の空間を持ってみてください。

好きなアロマの香りに癒されながら瞑想したり、バスタイムにアロマキャンドルを焚いてゆっくりと気持ちを休めることで、また新しい明日を迎えることができます。

是非、一人の空間を持って自分に優しくしてくださいね^^

 

 

癒しは向こうからやってくる

私の日課の一つに、ウォーキングがあります。

去年の年明けすぐに「横断生脊髄炎」という病気になって、脚に少し障害を残しました。

お陰様で、退院後の通院のリハビリとウォーキングで、今はほぼ完治に近い状態になりました。

 

よかったら、闘病ブログをまとめてありますので、こちらを読んでください。

【脊髄炎発症前症状】ウイルス感染の高熱と外耳炎を甘くみてはいけない!

 

昨日も、近くの公園にウォーキングへ出かけました。

時々、愛犬を連れて行くこともありますが、途中で歩きたくないと座りこんでしまうので、抱っこをして歩くときもあります。

なので、自分ペースで歩きたい時は、一人でウォーキングへ出かけます。

 

不思議なことに、何故か一人の時は猫に会います。

そしていつも寄ってくる猫がこちらです。(今回のブログの冒頭にも登場しています)

 

▲一人ウォーキングの時にいつもやってくる猫

 

昨日も、帰る時に通るいつもの道で、角を曲がってすぐに、待っていましたとばかりに道路に座っていました。

そして、私の方へ

「ミャーミャー」

と言いながら近寄ってきました。

 

愛くるしい猫ちゃんで、私の足元でいつもゴロゴロと寝転がります。

私は話しかけながらお腹をさすったり、顔を撫でたりして、癒しをこの猫にもらっています。

 

ここのところ、心穏やかではないことが続いていて、もうしばらくの間は落ち着かない日が続きそうなので、ふら〜っと現れてくれるこの猫ちゃんに会うことが、今の癒されることの一つです^^

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.