LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

K154 人生の「三つの坂」を味わいましょう

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます!

気持ちをニュートラルにして過ごしたい人の案内人、マヤ暦ライフ研究家の 成瀬汐里 です。

 

2021年5月17日(月)

今日のキンナンバーは
K154  
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の154日目)

白い魔法使い
黄色い種
音11

ガイド:白い魔法使い

*黒キン連続10日間の9日目

 

今、マヤ暦では「黄色い種」の13日間です。(今日は11日目(音11)です)
黄色い種の紋章のキーワードは

・生命の種
・目覚め
・開花の力
・イデア(アイデアの語源)

「人生は魂の覚醒の旅」です。大切なことを学び、成長するために必要なことは「無限の可能性に蓋をしない」ことです。
黄色い種は現状維持を望んでしまいます。「本当の自分」を開花させるためにこの世にやってきたのに、それでは魂の成長に結びつきません。新たな挑戦意識をもって現状維持から抜け出した時に、人は覚醒するのです。

 

●今日のもう一つのエネルギー「白い魔法使い」のキーワード
・魅惑する
・魔法の力
・罪を許す女神

●音11 ・・・ 初志貫徹

 

今日 K154 のメッセージは「人生の「三つの坂」を味わいましょう」です。

人生には「三つの坂」があるといいます。

上り坂」「下り坂」「まさか

良い時もあれば悪い時もある、しかし、予想もしなかったことが起こる時もあります。

私も、去年病気になったことが、人生において予想もしなかった「まさか」でした。

 

私の闘病ブログはこちら

【脊髄炎発症前症状】ウイルス感染の高熱と外耳炎を甘くみてはいけない!

 

  • まさか大きな病気一つしなかった自分が病気になるなんて
  • まさか獣医を目指すなんて
  • まさかこの組み合わせでこんな美味しい料理になるなんて
  • まさかうちの子に絵の才能があったなんて
  • まさか7歳も年下の人と結婚するなんて
  • まさか交通事故にあうなんて

と、さまざまな「まさか」があります。

まさかは、起こった現実の結果に対して抱く感情です。

 

今日のもう一つのエネルギーは「白い魔法使い」です。

白い魔法使いは、「まさか」が現実に起こるエネルギーを持っています。

今日は、予想できることとは違った、サプライズなことが起こるかもしれません。

そして、良いこともあるかもしれませんが、悪いこともあるかもしれません。

 

ポイントは、拒絶せずに受け入れて「目の前の流れに乗ってみる」ことが、幸せを引き寄せてくれる近道です。

起こっていることには全てに意味があり、明日の自分に繋がっています。

これってどういうことなのかな?

と感じることで、起こっていることの「意味」に気付くものです。

今日は、そんな気付きがある日かもしれませんよ^^

 

 

思い出の更新

昨日は、実家を2往復したり、買い物へ出かけたりして、あっという間に1日が終わってしまいました。

朝から出かけていて、お昼頃一旦自宅に戻った時に、ちょうど夫は自分でブランチを作って食べ終わったばかりでした。

私も、朝、自分で作ったソイラテを飲んだだけで出かけてしまいましたが、あまりお腹も空いていませんでしたので、サーダーアンダーギーの粉があったのを思い出して、おやつに作りました。

 

▲ギュッとしている沖縄のお菓子サーダーアンダーギー

 

初めて沖縄に行ったときに、揚げたてのサーダーアンダギーを食べて

なんて美味しいんだろう!

と感動してから、自宅で作れる粉をスーパーで見つけて、子供達が小さい時はおやつに作っていました。

オールドファッションのような、ギュッと詰まった、外はガリとしていて中はしっとりしたドーナツですね。

名前を初めて聞いた時には、食べ物と結びつかなくて

沖縄で食べたドーナツのようなもの

といった感覚で、なかなか名前を覚えられませんでした。

 

ある日、当時小学生だった息子が

サーダーアンダギーが食べたい!

と言い出しました。

どうやら、小学校の給食でも出ていたようで、息子はリズムをつけてその名前を口にしていました。

息子に教えてもらって、リズムに乗りながら

サーダーアンダーギー ♪ サーダーアンダーギー ♪

の名前を覚えたことを、ついこの間のように思い出します。

 

先日のGWに、息子が帰省したので作ってあげようとしましたが、タイミングを失って作ることができませんでした。

帰京する当日に、

残念、サーダーアンダーギー ♪ 作ってあげられなかったな〜♪

と息子に言ったら、

お母さん、もう今は好みが変わって、昔のようには食べたいとは思わないかな〜♪

とリズムに乗せて言われてしまいました。(なんだか地味にショック ^^;)

 

目の前に立っている成長した息子を見て、

そっか、大きくなっちゃったんだ!

と思った後に、なんか、妙に寂しさを感じた瞬間でもありました。

 

そして、昨日は、普通に、

私:「サーダーアンダーギー食べる?

夫:「食べない

の会話を交わしながらも、無視して夫に作った私でした。

 

しかし、揚げたてのサーダーアンダーギーを見て

仕方ないな〜、食べてやるか〜

と言いながら、私よりも多く3つも食べた夫でした。笑

昨日は、息子とのサーダーアンダーギーの思い出を、リズム無しの夫に更新した日になりました^^

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.