成瀬汐里LINE公式の登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

【今日のマヤ暦】K204 自分のテーマを決めて集中しましょう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に、原因不明の腹部の痛みに襲われ、発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後、1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は、大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の仕事を通しての経験、子育て、家事との両立と、40代後半に入ってからの仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや愛おしさ、自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことをブログで発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます。

気持ちをニュートラルにして過ごしたい人の案内人、マヤ暦ライフ研究家の 成瀬汐里 です。

 

2021年7月6日(火)

今日のキンナンバーは
K204
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の204日目)

黄色い種
黄色い戦士
音9

ガイド:黄色い太陽

 

 

今は、マヤ暦では「黄色い戦士」の13日間です。(今日は9日目(音9)です)
黄色い戦士の紋章のキーワードは

・戦いの力
・自己との戦い
・挑戦

 

「黄色い戦士」の紋章は、チャレンジすることを通じて「自己鍛錬」をする意味を持っています。

チャレンジすることは勇気が必要ですし、パワーも使います。そして、自分自身との戦いでもあり、その戦いが自分の視野を広げ、成長へと導いてくれます。

戦うのはあくまでも自分の中にある「エゴ」や「偽りの自分」です。

新しいことにチャレンジをし、過去の自分を脱ぎ捨てていくことで人は成長をし、覚醒をするのです。

 

●今日のもう一つのエネルギー「黄色い種」のキーワード

・生命の種
・開花の力
・イデア

 

●音9 ・・・ 傾聴

 

今日 K204 のメッセージは「自分のテーマを決めて集中しましょう」です。

今日は、黄色い戦士の13日間の9日目(音9)です

そして、もう一つの紋章「黄色い種」のエネルギーも流れています。

黄色い種のエネルギーは、「掘り下げる」「開花の力」を持ち合わせています。

更に、「集中力」が一番強い音9が重なります。

 

今日は、自分がやってみたいことを深く掘り下げてやってみてください。

そこに、周りの目や評価を気にする必要はありません。

自分が決めたことをコツコツとやっていくことで、小さな芽が少しづつ伸びて幹が太くなり、やがて大きな花を咲かせることができます。

周りの目や評価を気にしていては、種の殻がどんどん厚くなり、芽を出すことすらできません。

今日は「集中力」が一番強い音9が重なる日でもあるので、やりたいことに集中してみてください。

 

そして、自らの「テーマ」を決めてやってみることも大事です。

やりたいことをただ闇雲にやるだけではなく、テーマを決めることで自分が今やっていることの大事な部分や、こだわりという「点」に気付く事ができます。

その「点」がいくつも出来ることで、やがて「一本の線」になっていきます。

その一本の線が、いつか「大きく開花」する自分の線になっています。

 

今日は是非、テーマを決めてやりたいことに集中してみてくださいね^^

 

 

今日の幸運を引き寄せる”花と色”

 

花:ビヨウヤナギ
色:ゴールド

 

「何とかなるさ」と受け入れ、気持ちの切り替えを早くすることもチャンスをものにするコツです。

*花言葉* 気高さ、多感

 

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に、原因不明の腹部の痛みに襲われ、発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後、1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は、大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の仕事を通しての経験、子育て、家事との両立と、40代後半に入ってからの仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや愛おしさ、自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことをブログで発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.