LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

K144 新しいことにあえてトライしていきましょう

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

2021年5月7日(金)

K144
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の144日目)
黄色い種
黄色い種
音1

ガイド:黄色い種

 

今日から、マヤ暦では「黄色い種」の13日間です。(今日は1日目(音1)です)
黄色い種の紋章のキーワードは

・生命の種
・目覚め
・開花の力
・イデア(アイデアの語源)

「人生は魂の覚醒の旅」です。大切なことを学び、成長するために必要なことは「無限の可能性に蓋をしない」ことです。
黄色い種は現状維持を望んでしまいます。「本当の自分」を開花させるためにこの世にやってきたのに、それでは魂の成長に結びつきません。新たな挑戦意識をもって現状維持から抜け出した時に、人は覚醒するのです。

 

 

今日 K145 のメッセージは「新しいことにあえてトライしていきましょう」です。

今日は「黄色い種」の13日間の1日目です。

黄色い種のエネルギーは、素晴らしい才能を秘めていて、紋章の中では一番かもしれません。

誰でも自分の才能には気付かないものです。

しかし、自己執着やご自身の経験思考が強いと、種は硬い殻で覆われてしまったままで、新しい芽を出すことはできません。

硬い殻となっている思考を破ってくれるのが

新しいことへのトライ

です。

先ずはやってみる!

やってみてから、考える!

そうした経験を重ねることで、あなたご自身の才能は活性化し、奥深くに眠ったままの才能が硬い殻を破って新しい芽を出すはずです。

 

今日は音1(キーワードは:受容)でもあるので、心を柔らかくして気付いたことをキャッチしてみてください。

新しい芽を出すための気付きがあるかもしれませんよ^^

 

 

ゆうりんの青い猿の13日間の振り返り

昨日までは、私自身が持つ紋章の「青い猿」の13日間でした。

「ひらめき」や「楽しいこと」が降ってきた時は、即行動に移していました。

その中で1つ、14年越しに叶ったことをお伝えします。

 

K131の青い猿 音1の日、この日はツォルキンのヘソの部分(ど真ん中)でもあったせいか、朝起きてすぐに、ウォークインクローゼットの前に立ち、寝起きでボーっとしながらも

よし!書斎を作ろう!

と、寝室の中にあるウォークインクローゼットの中に、自分の書斎を作りました。

婚礼ダンスを処分すれば広い書斎になりますが、夫のマッタ!が入りましたので、一旦そこは夫に従いました。笑

 

14年前に、この家は大きなリフォームをしました。

その時に、ウォークインクローゼットの中に、あえて小窓を付けて、コンセントもちゃっかり多めに付けました。

私、一応インテリアコーディネーターでもあるので、そこは動線や将来のことを考えて設計をすることが大好きです。

現役でお客様と接していた時は、結構評判が良かったんですよ^^

きっと、主婦目線でお客様の予算を意識した話ができていたからでしょうかね。

 

話がそれましたが、自分で図面を描きながら、ウォークインクローゼットをいつか書斎として使いたいとイメージしてました。

今回、14年前に考えていたことが、ようやく実現しました。

 

せっかく自分の書斎スペースを作るのであれば、予算を気にせずに

居心地の良いものだけを置こう!

と決めました。

そして、買ったものは

  • 赤い瓶に入ったデュフューザー(これだけは赤にこだわりました)1,200円
  • 壁掛けの小さな時計 2,000円
  • 室温計 1,000円
  • たっぷり入る本棚(楽天でポイントを使用して5,000円で購入)
  • 小さな観葉植物(とりあえず置いてみた)300円

くらいで、充分満足してしまいました。

基本、あまり物を置くのが好きではないからですね。

予算を気にせずにとは思って意気込んではみたものの、結局は総額1万円以内で収まってました。笑

意外とそんなものです。

▲狭いながらも大切な空間ができました

 

そして、古くからの友人である、マヤ暦アドバイザーの山口真未子さんから贈られた「糸かけ曼荼羅」を机の前に飾らせてもらいました。

考え事をしている時に観ていると、心がとても癒されて穏やかになります。

好きなものに囲まれて暮らすって、気持ちが良いですよね^^

ようやくこの家で自分の居場所ができた感じです。

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.