成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

人生を豊かにするためと長生きの秘訣は1日10回感動し余白を作ること

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

今朝起きて、マヤの日めくりカレンダーをめくり、今日(KIN164)の言葉を見ながら、「楽しいところに人が集まると言うよな〜」と思いました。

確かにそうなんですよね。

長生きの秘訣は1日10回感動することで人生が豊かになる

今日の日めくりカレンダーの言葉は「1日10回感動する。それが長生きの秘訣」と書いてあり、解説に「子ども心」を取り戻すと感動回数は増えるばかりです(以下省略)、と書いてあります。

大人になると、感動が薄れる人が増えますが、私は比較的感動屋のほうだと思っています。

 

感動をすると、気持ちがウキウキワクワクしてきます。

それが表情に現れ、その人の雰囲気を作ります。

 

量子力学的にいうと、目には見えないウキウキワクワクの波動が伝わっていくから、「なんかあの人楽しそう」になって、人が集まってくる流れになるんです。

人が集まってくると、共感し合える関係ができて、心も満たされてくるので人生が豊かになります。

 

だから、人生が楽しくなって満たされていくのだと。

 

 

人生を豊かにするためには余白を作る

そんな人生にするためには、日頃から「予定に余白を入れる」ことが大切なのではないかなと思っています。

 

時々忘れてしまってギチギチに予定を入れてしまうので、本来やらなければならないことが後回しになってしまうこともあります。

本来やらなければならないことが、結局は自分の中で「この程度」というものになってしまい、自分で納得がいっていない。

 

時間をかければいいというものでもありませんが、「1日この時間だけ集中して、あとはやらない」と決めるのは大切ですね。

余白の時間を意図的に作り、「自分を心地よくさせてあげる」と、次のパフォーマンスも間違いなく上がるんです。

 

昭和を生きてきた世代なので、余白を作ると「サボっている」みたいな気持ちになってしまうのが悪い癖。

これよくないですよね。

 

多分、私世代の方でそう思われる方も多いのではないでしょうか。

もう今は令和、そんな考えは捨てましょう!

 

 

さあ、今日も昨日に引き続き、健康のためにウォーキングに出かけ時間を決めて集中し、優先順位の高いものを納得がいくように仕上げていきます。

あと、「子ども心」でウキウキワクワクを忘れずに。

 

今日は午後から講座です。

毎回生徒さんの変化があって、キラキラした顔を見るのが楽しみです。

 

素敵な1日にしていきましょう。

 

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他趣味ブログ マヤ暦へ

クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2024 All Rights Reserved.