成瀬汐里LINE公式の登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

マヤ暦の流れと重なった53歳の誕生日は新たな時代が始まるスタートの年①

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に原因不明の腹部の痛みに襲われ発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の会社員生活を通しての経験、子育てや家事との両立、40代後半に入ってから仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

昨日は、53歳の誕生日を迎えました。

53歳を迎えるにあたって、ここ数年間のことを振り返ってみようと思います。

マヤ暦や年周りからみても不思議なことや、偶然とは思えないこともあったので書きたいと思います。

少し長くなるので、2回に渡って書こうと思います。

是非、お付き合いください。

残念な53歳の誕生日

昨日、53歳の誕生日を迎えることができました。

今こうして「53歳」とキーボードに打っていますが、自分がもう53歳になったという実感がないというか、なんというか・・

 

自分が子供の頃の53歳って、相当な大人でしたよね。

でも自分がなってみると、精神年齢があまり変わらないと実感しています。(笑)

 

実は昨日は急遽、東京に戻ってきました。

本当は、夫と愛犬レイと慎ましやかにお祝いをする予定でしたが、昨年から悩まされている目の痒みに伴った、目の周りの皮膚が赤く腫れ上がって痒みが強くなってしまい、東京にあるアトピー性皮膚炎に特化した皮膚科の予約が取れたので急遽戻ってきました。

 

もともと皮膚はそんなに強くない方ですので、化粧品は昔から合う合わないがはっきりしています。

今でこそ自然派化粧品専門のお店があって種類も豊富ですが、若い頃は結構悩まされました。

 

歳を重ねるにつれ免疫も強くなってきたのと、自然派化粧品の種類も豊富になってきたので、昔ほど皮膚のトラブルに悩まされることはなくなりましたが、何かの拍子に突然やってきます。

昨年は、1年中目の痒みに悩まされ、病院も長期に渡って通っていました。

痒みで擦ってしまうと、皮膚にも当然影響が出てきます。

 

目の周り専用のステロイドの薬を処方してもらい、しばらくの間使っていましたが、どんどん悪化してしまい昨日の誕生日に至ったという始末です。

 

 

でも子供達に祝ってもらえて嬉しい誕生日になった

しかし、そう悪いことばかりではありません^^

おかげで、子供たちと一緒にお祝いをすることができました。

 

急なことではあったのですが、子供たちがお金を出し合って娘が仕事の帰りに、近所にあるお気に入りのケーキ屋さんでケーキを買ってきてくれました。

娘が「閉店間際だったから、ホールのケーキが無かった〜」と言って、ケーキの箱を手に帰ってきました。

 

1種類ずつ違うケーキが3つと、シュークリームが3つ箱の中に入っていて「ケーキ3つだけだと寂しいから、シュークリームも買ってきた〜」と言ってました。

帰りが遅かった息子が夕飯を終えたあとの夜中の11時頃でしたが、三人でケーキを食べました。

 

ケーキが大きかろうが小さかろうが、そんなことはどうでも良く、子供たちが私のためにケーキを準備してくれた気持ちと、一緒にお祝いできたことが嬉しい母なのです。

 

 

私にとって53歳の誕生日は「黄色の時代」がスタートする年

さてさて、今年に入ってから自然に今までの振り返る(頭に浮かんでくる)ことが多くありました。

不思議だなぁと感じながら、大切なメッセージを受け取ったように感じたので書こうと思います。

 

昨年の誕生日のブログにも書きましたが、マヤ暦では「52歳が還暦」と言われています。

昨年の誕生日のブログ
↓  ↓  ↓
マヤ暦の還暦は52歳 ゼロに戻る再出発の時である特別な誕生日を迎えて

 

私のマヤ暦でいう誕生日(KINナンバー)は、KIN91です。

音13でもあるので、昨年の誕生日は「青の時代の13年目」でした。

 

自分が持つ紋章が全て「青」というのも、私は昔から色は青や紺色が好きなので、マヤ暦を勉強して納得できました。

青の時代の13年間は「変化変容の時代」とも言われているので、振り返ると確かにいろんなことがありましたが、変化変容の荒波に揉まれながらも、人生において大切なことを教えられ鍛え上げられた時代だったと感じます。

 

そんな自分が好きな色の青の時代が過ぎてしまうのが、少し寂しい気もして、今年に入ってから青の時代の1年1年を振り返ってみました。

 




青の時代に1年だけ周る黒KINの年周り

私が東京で仕事をすることになった年は、青の時代の13年間の間に1 度だけ”黒キン”が周った年でした。

“黒キン”とは、強いエネルギーが流れている「年」や「日」を表します。

 

マヤ暦を勉強すると、生まれてからの「自分の年表」を作ります。

そこで、”黒キン”といわれる、強いエネルギーが流れる年が時々やってくるのが分かります。

 

青の時代には、7年目の時に1度だけ”黒キン”が周っていました。

その”黒キン”のKINナンバーと同じナンバーを持つ人と、東京に出てから知り合い、仲間として一緒に仕事をしていました。

 

出逢った時には、全くそんなことは分かりませんでした。

マヤ暦を勉強して、驚いたことの一つです。

 

今でもビジネスパートナーとして、大事な仲間の一人です。

先日「今さら聞けない!大人のためのお金のセミナー」を合同開催しました。

 

もう一人の仲間と三人で開催したのですが、”黒キン”のKINナンバーを持つ仲間と、もう一人の仲間は元々知り合いで、まだ私とは面識がなかった時は「とても仕事を誠実にされている方であり、信頼できる人」という話は度々聞いていました。

三人でセミナーを開催することになり、誕生日を聞いてみると、なんと”黒キン”のKINナンバーを持つ仲間と、もう一人の仲間は、「鏡の向こう」の関係だったのです。

 

※鏡の向こうとは、「過去世から命を繋いでくれているもう一人の自分」「全てを知っているもう一人の自分」などといわれています。

 

今は、そんなお二人と仕事をさせてもらえている自分は、お二人から学ぶことがたくさんあって、お互いを高めあえる信頼できる仲間です。

本当にこの出会いは不思議だな・・と感じています。

 

まだまだ続きますので、この続きは次回に。
↓ ↓
マヤ暦の流れと重なった53歳の誕生日は新たな時代が始まるスタートの年②

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ マヤ暦へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に原因不明の腹部の痛みに襲われ発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の会社員生活を通しての経験、子育てや家事との両立、40代後半に入ってから仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2022 All Rights Reserved.