成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

やらないことを決めて自分の時間を上手にコントロールすれば忙しいと言わなくなる

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる不動産投資コンサルタント|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

まだまだ現役の世代である50代。

毎日忙しく仕事や家事、子育てに追われている世代でもあります。

会社員時代、面白いことに「時間がない」と言っている人が、必ずしも人より多くの仕事をしているかというとそうではなく、同じ仕事量をこなしながら涼しい顔をしている人もいました。

時間をどのようなスパンでみているか

時間の使い方が上手い人とそうでない人とでは、時間をどのようなスパンでみているかが異なるようです。

例えば、「ウサギとカメ」の話でみてみると、短期でみて「ウサギがすごい」ということになりますが、長期で見た場合「亀がすごい」ということになります。

 

これと同じように、10年単位の長いスパンで見たときには、「急がば回れ」というように、時間をかけた方が良い場合もあります。

「忙しい忙しい」と言う言葉がついつい口から出てしまう人は、こうした長期のスパンではなく、短期のスパンだけで見ているので、常に「忙しい」から抜けられないのかもしれません。

 

 

やらないことを決めると、時間を上手にコントロールをする

やるべきことが多いのではなく、自分の時間を上手にコントロールしてしまえばいいんです。

そのためには、「やらないこと」も決めるのが大切です。

 

特に女性はこだわり始めると、「今やらなくてもいいこと」「必要ではないこと」を選んでしまいがちです。

やらないことを決めると時間にも余裕ができるので、時間をコントロールすることもできて「忙しい」を口にすることが次第になくなります。

 

「時間は最も乏しい資源であり、それが管理できなければ他の何事も管理することができない」

と経営学者でマネジメントの発案発明者ピータードラッカーも言っています。

 

無形資産である時間を、管理・コントロールすることによって、「忙しさ」から自分を解放して時間と言う貴重な資産を生かしたいですよね。

 

 

人生の後半を今から長期的に考える

50代である私たちは、まだまだバリバリと働いていて忙しいかもしれません。

リタイヤ後の事まで考えるなんて、なかなか難しいと思う人も多いと思います。

 

しかし長期スパンで見れば、今老後のことを考えておく事は決して無駄ではないと思いますよ。

時間はあっという間に過ぎてしまいますから。

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる不動産投資コンサルタント|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.