成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

自分との約束を守るための時間管理と余白時間には自己管理が必要

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

「自分との約束」を守るのって難しいなと思っています。

私のような自由に仕事をしている人間は、好きに時間や場所を選ぶことができます。

「自由に」響きはいいですが、実は自分で自己管理をやっていかないと、目標に到達できないことが多々あり、自分との約束が守れず自己嫌悪に陥ることもしょっちゅうあるんです。

自分との約束を守るための余白時間

例えば、「今日はこれを頑張ってやろう」と思っても、「急な用事や作業が入って出来なかった」なんてことがあります。

以前の私であれば、夜になるとどんよりとした気持ちになって、「なぜ私は出来ないんだろう」になっていました。

 

今でもそれは時々あります。

先日、ブログにも書きましたが、「余白」を作っておくべきなんですよね。

 

そうすれば、突然予定が入ったとしても、フレキシブルに対応が出来て気持ちにも余裕もできます。

私たちの年代は特に「余白」を良しとしない時代でしたよね。

 

「サボってる」とか「遊んでいる」とか、思われたり、自分自身もそう思ったり。

「サボってる」とか「遊んでいる」くらいの方が、その分本来やることへのパフォーマンスも上がるので、「質」が上がるということにも気づきました。

 

令和はそれを良しとしている時代なので、昔に比べたら心が軽くなります。

 

 

余白時間には自己管理が必要

しかし、この「余白」には自己管理が必要で、パフォーマンスを上げるための息抜きが、気がついたら「余白の延長」時間が長くなって、「結局やるべきことができなかった」なんてことになりかねないのです。

私は以前、そんな経験があります。

 

その時は逆に、”余白を延長してまでもやったこと”を飽きるまでやってみました。

そしたら、気持ちがクリアになり、本来のやるべきことに集中できるようになりました。

 

「自己管理」=「時間管理」の部分が大いにあると思います。

「余白」をうまく使いながら、気持ちをクリアにして進む方が、「自分との約束」を守りやすくなるかもしれませんね。

 

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2024 All Rights Reserved.