成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

大人の女性は現実的な行動を起こし夢を描きながら叶えていく

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる不動産投資コンサルタント|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

50代に入ってから、心が軽やかになりました。

40代後半は、50代に入るカウントダンが始まったように気になり、焦っていたように思います。

50代は、何となく「こっちからそっち」にいくような感覚なんです。

そっちと言うのは、今は人生100年時代と言われているので、「折り返しや後半に入る」といった感覚でしょうか。

現実も見ながら行動をする

いくつになっても、夢や目標を持つのは素敵なことだと思っています。

しかし、よく「既に夢が叶っているところを想像してその気分を味わいましょう。それだけで叶います」と勧めている人もいますが、実際にはただ叶ったところを思い描いているだけでは叶いませんよね。

 

スピリチュアルの世界でも、高名な人ほど現実的です。

皆さんが口を揃えて言うのは、「目標を達成したいのなら行動をすることです。努力しなさい。コツコツやりなさい。これだけです」と言います。

 

本当に当たり前のことなのです。

 

 

行動を起こし結婚をするという夢を叶えた彼女

以前、私の会社の同僚で、結婚に全く興味がない女性がいました。

しかし、ある年齢を境に「私結婚します!」と言って動き出したのです。

 

まずは結婚相談所に登録をし、自分の理想とする相手を見つけるところから彼女は始めました。

毎週、週末に紹介された何人もの男性と会って今のご主人と出会い結婚をしました。

 

結婚すると断言してから、わずか3ヶ月のことでした。

1年間の交際を経て結婚をし、子供も2人できて今では幸せに暮らしています。

 

これは占いやスピリチュアルとは関係ないですよね。

現実とは常に行動とともに変化するものです。

 

現実的な行動を起こさないまま、夢を想像するだけでは叶わないのです。

彼女のように、意識をフォーカスするからこそ、そこに向かって努力をしようと行動しますし、行動をしているからこそ必要なものを引き寄せることができるんです。

 

 

何があっても大丈夫、自分で生きていく

私も年齢を重ねるほどに人生は何があるかわからない、ということを何度も目の当たりにしてきました。

ただそこに、不安を感じてはいません。

 

人生に「絶対」はありませんし、何が起こるかは誰にもわかりません。

かといって、将来の不安にばかりフォーカスをして生きるのは勿体ない。

 

自分らしく思いっきり生きていきたい。

だからこそ年齢を重ねた大人の女性は「何が起きても大丈夫、自分で生きていく」という覚悟とそのための蓄えが必要なのだと考えます。

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる不動産投資コンサルタント|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.