成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

定年後も残った住宅ローンは退職金で完済すべき?どうするのが正解?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

定年後の資金計画を考える時、一番の悩みの種となるのが住宅ローンの残債かもしれません。

退職金としてまとまった額のお金を得ると、住宅ローンを返済してスッキリしたいと言う気持ちになりますが、果たしてそれが正しい判断か一旦考えてみる必要があります。

退職金でローンを完済するべき?

退職金はかなりまとまった額になるので、定年後の生活の月々のローンの負担を考えると、まず思いつくのは住宅ローンを完済です。

住宅ローンの返済が終わっていない場合、繰り上げ返済が優先的に選択肢に上がってきます。

 

現実的なところ退職時点で残りの借金をきれいにすべく一括繰り上げ完済を考えている人も多いようです。

確かに毎月のローン返済がなくなってしまえば、暮らし向きは楽になるでしょう。

 

しかし、必ずしもローンを全額返すことが得策とは限りません。

 

2,000万円を退職金で受け取った場合

 

例えば、2,000万円の退職金を受け取ったとします。

そして、その半分の1,000万円を支払えば、ローンを完済しできるとします。

 

下の図のような例から、約160万円を支払わなくて済みます。

 

確かに、完済して借金生活から解放され、返済する総額も少なくなりますので良いことばかりと思いますが、それが必ずしもそれが最良の道とは限りません。

完済をするためにあてた1,000万円は二度と戻ってくることはなく、老後の生活資金となる原資が一気に減ってしまいます。

 

月々の住宅ローンの返済からは解放されますが、そこから先の生活に不安が残ります。

 

 

私は不動産投資のこともブログで発信しておりますが、30年間の住宅業界に従事してきた経験と、元お金系の協会に所属をして認定講師していた経験から住宅やお金のことも書いています。

この記事の続きを、詳しくこちらのブログで書いていますので是非お読みください。

【定年後の住宅ローン返済が終わらない】退職金で一括返済すべき?

 

元お金の認定講師

相続の相談

実家の不動産売却相談

親の介護 など

ファイナンシャルプランナーの成瀬汐里がご相談に承ります

お申し込みはこちらから

人生の中盤からの ライフプラン・お金の管理・相続・不動産 ご相談のお申し込みはこちらから

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.