成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

2023年の後半がスタート 今日のマヤ暦は動機を修正して流れを変える

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

今日は久しぶりにマヤ暦のことを書こうと思います。

何故かというと、今日7月1日生まれの友達が数人いるのと、今日から今年の後半がスタートするからです。

それに今日は、私にとって反対KINではありますが好きなエネルギーでもある、「赤い月」のエネルギーも流れているので。

赤い月のエネルギーは、「流れを変える、浄化の作用」があり、私自身もこのエネルギーが流れている日や期間は、そのエネルギーを感じるんです。

マヤ暦で表現をすると今日はKIN149の日

今日は、マヤ暦でいうとKIN149の日。

グレゴリオ歴は、365日サイクルで”何月何日”という表現をしますが、マヤ暦は260日サイクルで、通し番号で表現し数字の前に「KIN(キン)」という言葉をつけます。

 

呼び方としては、KIN149で言えば、「今日はキン149の日」や今日生まれた人であれば、「キンナンバー149の人」という表現になります。

そして、元旦がKIN1だとすると今日は149日目にあたり、大晦日がKIN260の日になるので、今年も残すところあと111日というようになります。

 

 

4つのポイント

さてさて、今日から2023年の後半がスタートします。

今日はどんな日か、後半はどんなことを意識して動くといいのか、を書いてみたいと思います。

 

ポイント

  • 動機の修正(浄化の作用) *動機とは、人間が意思を決めたり、行動を起こしたりする直接の原因
  • マイナスとの共鳴を防ぐ
  • 役割、使命に徹する
  • 決めることが大事

この4つがポイントになります。

解説をしていきますね。

 

 

動機を修正して流れを変える

まず、「動機の修正(浄化の作用)」ですが、7月1日でもある今日は、2023年の後半がスタートをする日でもあります。

マヤ暦で「1」という数字は、「意思の統一」という意味があります。

 

自分が進んでいる道について、「自信がない、不安がある、これでいいのかな」といった迷いがあれば、やっていることの「意図と動機」をもう一度見直してみるといいかもしれません。

*意図とは、なぜ自分はこうしようと思ったのか、めざそうと思ったのかを明確にすることが大切とマヤ暦では考えます。

見直すことで、迷いの原因が見つけられ、動機の修正をし流れを変えられるかもしれませんよ。

 

次に、「マイナスとの共鳴を防ぐ」ですが、赤い月のエネルギーの要素には、環境や状況に引っ張られやすい点があります。

赤い月は、マヤ暦の紋章が20あるうちで、人や環境から”1番影響を受けやすい紋章”だといわれています。

 

今ご自身がいる環境があまり良くなかったり、否定ばかりされるようでしたら、その環境から離れることをおすすめします。

そして、自分を応援する人とだけお付き合いをするようにし、そういった環境に身を置くようにしましょう。

 

子供たちにとって環境が大事と言いますが、それは大人にも同じことが言えますよね。

兎角現代は、自己肯定感が低い人が多いようですので、環境を変えてまずは自分を心地よくさせ、自分を勇気づけてくれる人や応援してくれる人とお付き合いをすることが大切です。

 

そういった環境に身を置き、モチベーションを上げていきましょう。

次の「役割や使命に徹する」「決めることが大事」は、自分の役割と思うことに徹することで、自分の使命が見えてきます。

 

使命が見えると、自分に自信を持ち前へ前へと進むことができます。

使命が見つかると行動に移すことになりますので、「決めることが大事」になりますよね。

 

自分の役割や使命が見つかると、自然に自分の中にセットアップされます。

役割や使命が分からない場合は、今目の前にあることをコツコツやってみてくださいね。

 

今日は、特にエネルギーが強い黒KINの日でもあります。

そのエネルギーも追い風にして、今日という日から流れを変えてみてはいかがでしょうか。

 

素敵な1日を✨

 

PS

私が所属をする「シンクロニシティ研究会」の越川代表の、今朝のメルマガの最後に書いてあった言葉に勇気をもらいますので共有します。

「どん底、どん詰まりで起きる、心の大転換」

 

 

  • こんなに頑張っているのに分かってもらえない
  • 会社での上司や同僚との人間関係がうまくいかない
  • 夫とのこれからの生活或いは老後の生活をうまくやっていけるか心配
  • 子供との関係がギクシャクしている
  • 私の人生ってきっとこんなもんで終わっちゃうんだ
  • もっと自分らしく自由に笑顔で過ごしたい
  • 今の仕事が自分に合っている仕事なのか分からない

このようなお悩みを持った方は是非お申込みください。

マヤ暦セッションのお申し込みはこちらをクリック

 

ポチ嬉しいです! ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ マヤ暦へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

↑  クリックお願いします!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.