成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

【人生の後半戦の準備】住まいを整えるための自宅のリフォーム始めました②

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

今週に入ってから、我が家のリフォーム工事が始まり着々と進んでいます。

子供たち中心の生活から、晩年の夫婦の生活へ移行準備が始まったという感じです。

どんなふうに完成するのか楽しみです。

久しぶりに現役時代を思い出しながら

職人さんたちと話をしながら(きっとやりにくいはず…)、いろんな知恵を拝借し、一緒に作業をしたり畳屋さんや設備やさんを呼んで、納まりを確認したり「今じゃないとできない」と思うことは、お願いをしてやってもらっています。

後で、「ああしておけばよかった、こうしておけばよかった」という後悔はしたくないじゃないですか。

 

しかし、やっぱり現場はいいなぁ。

久しぶりに現役時代を思い出しました。

 

30代後半からは管理職になってしまったので、設計やインテリアコーディネーター、現場管理の仕事からは離れてしまいましたが、「やっぱりこの仕事は面白い」と感じています。

 

1F廊下のクロスを剥がし中

 

前に飼っていた猫の爪とぎの跡 🐾

 

トイレのクロス張り替え中

 

階段のクロスを剥がし中

 

階段のクロスを剥がした後

 

2Fの廊下周りもクロスを剥がしています

 

 

階段周りのクロスを張り替え中

 

30年間使った洗面化粧台、ありがとう〜

 

洗面化粧台と洗濯機を撤去後からクロスの貼り替え作業

 

すごく辛かった30代前半

私がとっても勉強になった、アフターメンテナンスの部署での経験が、自分を大きくさせてくれたことを思い出しました。

出産後に仕事に復帰をして、移動になった部署でした。

 

アフターメンテナンスの部署はどちらかというと、お客様のお叱りを多く受ける部署なので、どの社員もいきたくない部署。

当時は「なんで私が」という気持ちでいっぱいでした。

 

毎回クレームでお伺いするお客様からは、私が設計や現場管理をしたわけではないのに、お叱りばかり。

玄関先の階段で、鬼の形相で仁王立ちで立っていたご主人の足元で、職人さんとモルタルを捏ねながらポーチの階段の補修をしたこともありました。

 

悔しくて、泣きながら家に帰ったこともあったな。

 

 

子供達が居たから頑張れた

でも、家に帰って子供達の寝顔を見ると明日も頑張ろうって思いながら、シンクに溜まった洗い物をしていたことが蘇ってきました。

大変だったな、あの時は。

 

精神的にも、体力的にも。

そんなことを懐かしく思い出しながら、今日も作業は進んでいます。

 

今日はこれから、新しい洗面化粧台の搬入です。

楽しみです。

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.