LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

K150 自分が思ったことに心をゆだねてみましょう

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます。

気持ちをニュートラルにして過ごしたい人の案内人、マヤ暦ライフ研究家の 成瀬汐里 です。

 

2021年5月13日(木)

今日のキンナンバーは
K150
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の150日目)
*黒キン連続10日間の5日目

白い犬
黄色い種
音7

ガイド:白い風

 

今、マヤ暦では「黄色い種」の13日間です。(今日は7日目(音7)です)
黄色い種の紋章のキーワードは

・生命の種
・目覚め
・開花の力
・イデア(アイデアの語源)

「人生は魂の覚醒の旅」です。大切なことを学び、成長するために必要なことは「無限の可能性に蓋をしない」ことです。
黄色い種は現状維持を望んでしまいます。「本当の自分」を開花させるためにこの世にやってきたのに、それでは魂の成長に結びつきません。新たな挑戦意識をもって現状維持から抜け出した時に、人は覚醒するのです。

 

●今日のもう一つのエネルギー「白い犬」のキーワード
・誠実
・忠実
・家族愛

●音7 ・・・ 思いこみ、フォーカス

 

今日 K150 のメッセージは「自分が思ったことに心をゆだねてみましょう」です。

自分は、

  • 人から頼まれると断れない
  • 頼まれた仕事は忠実にこなす
  • 夫の言動に振り回されてしまっていることが当たり前になってしまっている
  • 子供の学校の役員を無理に引き受けてしまった
  • 少し体調が悪くても迷惑をかけられないので頑張ってしまう

といったような経験はありませんか?

自分が心の中で思っていることは違っているけど、断れないし、つい頑張ってしまうこと。

特に、仕事と家事と子育てをやっている女性は、自分のことを後回しにしてしまいますよね。

 

私も子育て真っ最中の時には、まさにそうでした。

家族が寝静まった夜中に、台所のシンクに置いてある洗い物をしている時や、夜中静まり返った部屋で毎日洗濯物を畳みながら

こんな毎日がこれから先もずっと続くんだろうな、自分の人生ってなんだろう・・

とぼんやり考えることが時々ありました。

でも、良くも悪くも「今という状態は、いつまでも続かない」といことも、今まで生きてきた経験で分かりました。

 

 

さて今日は、黄色い種の13日間の7日目、「白い犬」のエネルギーも流れています。

白い犬は、犬という言葉の通り、ご主人様にお仕えする忠誠心をもった紋章です。

そのために、厳しい環境の中でも、辛抱強く、へこたれることもないので、信頼を勝ち取っていきます。

 

しかし、今の自分がやっていることに「しんどいな」「少し休みたいな」「本当は違うんだけどな」と思うことがあれば、それは、人との付き合いでは、辛抱強く、忠誠心があるけれど、自分の心に忠実ではないことが原因かもしれません。

つまり、自分の心に蓋をしてしまって、自分自身をないがしろにしていることに気づいていないからかもしれませんよ。

 

今日は、

  • なんか少し違和感を感じた・・
  • ちょっと嫌だと思った・・
  • それは多分無理じゃないのかな・・
  • なんかやれそうな気がする
  • ちょっと行ってみたいと思った
  • あの人に声をかけてみようかな

といった、ふとしたことや直感があったら、その「自分の気持ちに忠実になって」みてください。

そして、ふとしたことや直感に、心をゆだねてみましょう。

それを少しでも意識して、繰り返し行うことが、心地よく生きていくコツですよ^^

 

 

この季節にしか食べられないもの

昨日は実家の庭で取れた「タラの芽」をもらってきました。

私も夫も、この時期になると、タラの芽の天ぷらを食べるのが楽しみの一つでもあります。

私はお昼に天ぷらそばにして食べました。

 

▲タラの芽とタケノコの天ぷら蕎麦

 

そして、夜も同じく夫の為に、タラの芽と、タケノコと、玉ねぎと桜エビのかき揚げの天ぷらにしました。

夫は待ちきれずに、私が天ぷらを揚げている脇で、自分の分を皿にとってビールを飲みながら、幸せそうに「旬」を味わっていました。

 

今だからこそ」「この時期だからこそ」というタイミングって、いろんな場面でもあると思います。

それを味わう楽しみを大切にしたいものです。

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.