LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

K151 直感を大切にして目の前のことを楽しもう

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます。

気持ちをニュートラルにして過ごしたい人の案内人、マヤ暦ライフ研究家の 成瀬汐里 です。

 

2021年5月14日(金)

今日のキンナンバーは
K151
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の151日目)

青い猿
黄色い種
音8

ガイド:青い鷲

*黒キン連続10日間の6日目

 

今、マヤ暦では「黄色い種」の13日間です。(今日は8日目(音8)です)
黄色い種の紋章のキーワードは

・生命の種
・目覚め
・開花の力
・イデア(アイデアの語源)

「人生は魂の覚醒の旅」です。大切なことを学び、成長するために必要なことは「無限の可能性に蓋をしない」ことです。
黄色い種は現状維持を望んでしまいます。「本当の自分」を開花させるためにこの世にやってきたのに、それでは魂の成長に結びつきません。新たな挑戦意識をもって現状維持から抜け出した時に、人は覚醒するのです。

 

●今日のもう一つのエネルギー「青い猿」のキーワード
・高い精神性
・精神的生命を育む
・トリックスター

●音8 ・・・ フォロー

 

今日 K151 のメッセージは「直感を大切にして目の前のことを楽しもう」です。

今、目の前のことを考えすぎて、深刻になっていませんか?

それは本当に必要な悩みですか?

悩みのほとんどが、まだ起きてもいない「未来に対する不安」です。

  • この先うまくやっていけないかもしれない
  • 子供の成績が上がらないから、良い大学にいけないかもしれない
  • 上司が挨拶をしてくれなかったので、嫌われているのかもしれない
  • 明日の約束に彼氏が来ないかもしれない
  • 明日のプレゼンでうまくいかないかもしれない

〜かもしれない」という不安を抱いてしまうと、深刻になってしまい視野が狭くなります。

視野が狭くなると、自分の考えや価値観を決めつけがちになってしまい、本質を見失ってしまいます。

 

今日は、もう一つの紋章の「青い猿」のエネルギーが流れています。

自分自身が目の前のことを楽しんだり、自分の周りの人を楽しませることで、直感やひらめきが降ってきたり、シンクロニシティを呼び寄せることができるエネルギーです。

 

しかし青い猿は、深刻に考えてしまうと、直感もひらめきも降ってきません。

考えることはいいことですが、深刻になってしまうと、本来、自由にのびのびとした気持ちでいたほうが自分の才能が発揮できるのに、せっかくのチャンスを逃してしまい、本質を見失ってしまいます。

今日は是非、目の前の小さなことを楽しんで、ワクワクした気持ちで過ごすようにしてくださいね。

シンクロニシティが起こるかもしれませんよ^^

 

 

私の小さな楽しみ

私はコーヒーが大好きなので、1日に何杯か飲みます。

以前は、1日に3~5杯くらいは飲んでいましたが、冷え性には良くないと聞いたので、今は多くても2杯しか飲みません。

 

いつも近所に在るコーヒー豆の専門店で焙煎してもらい、豆のまま買ってきます。

そして、家で豆をひいて、コーヒーを入れて飲みます。

ひいた豆に、お湯を注いでプクっと膨らんで蒸らしている時間と、その後にゆっくりとお湯を注ぐのを楽しんでいます。

同じ豆でも、今日は美味しいと感じる時もあれば、今日は渋みを感じると思う時もあります。

毎日飲んでいると、その日の1杯目の一口で、その日の体調が分かったりします。

 

▲コーヒーを入れている好きな時間です

 

以前、ハーバード大学の研究によると、コーヒーには幸福感に関わる快楽物質であるセロトニンやドーパミンの分泌量を増やす作用があり、適量のコーヒーには抗うつ効果まで見込まれる、と何かで読んだことがあります。

コーヒーの効能って凄いですよね。

 

今は、コーヒーを自分で入れて飲むことが、毎日の小さな楽しみと幸せに感じる時間でもありますが、仕事で毎日忙しかった時はそんな余裕がありませんでしたので、小さなことを楽しみにして、ワクワクする時間を持つことをしてました。

というか、そういうことが好きでした。

  • 今日はタイミングよく信号が変わった!
  • エレベーターに乗る時に、中の人が待っていてくれた!
  • 通勤途中で、登校中の小学生に「おはようございます」と声をかけられた!
  • 猫がゴロゴロしながら寄ってきた!
  • 電車に乗った途端にドアが閉まった!

というように、小さなことで「今日は運がいいぞ!」と勝手に思い込んでいました。

なので、汐里さんは「いつも楽しそうですね!」と言われましたが、大変な時こそ「小さな運」にアンテナを張っていたので、他人から見たら大したことではないことでも、ウキウキしたり楽しむことが身についていました。

 

是非、「私の小さな楽しみ」見つけてみてください。

今まで気づかなかった、すぐ目の前に意外とあるものですよ^^

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.