成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

歳を重ねると時間が過ぎるのが早い!基準を作ることで少しずつ成長していく

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

1日って、あっという間に終わってしまいます。

歳を重ねると、その早さはどんどん加速しているように感じると、誰もが言いますよね。

1日の時間が過ぎるのが早い!

今朝は、1日のスケジュールを見直してみました。

だって、本当に1日の時間が過ぎるのが早いから!

 

子供の頃は、1日が長く感じましたよね。

大人になると、なんでこうも時間が過ぎるのが早いのでしょうかね。

 

だけど私は、仕事をずっと続けてもきたので、意外と忙しい方が合っているのかもしれません。

ゆっくりのんびり過ごしたい気持ちは、充分あるんですが、なんか気忙しく1日があっという間に終わってしまいます。

 

そうそう、息子がまだ幼稚園に通っていた頃「お母さんはいつもパタパタしていて、お父さんはいつも寝ているね」とジャスチャーを交えて話してくれたのを思い出しました。(笑)

世のお母さん方や働く女性は、皆さん忙しく動いていますよね。

 

女性って、本当にたくましいと思います。

そうやって、時間もあっという間に過ぎて、子供も成長し、自分も歳を重ねていくものなんですね。

 




基準を作ることで少しずつ成長していく

話を戻すと、夜が弱い私は、眠い目をこすりながら「今日もあれが出来なかった」とベットに横になることが多いんです。(横になったら瞬殺で寝ます。笑)

特にここ数日はそれを感じているので、「今日は充実した1日だった〜」と思いながら眠りたいと思い、今朝は1日のスケジュールを見直してみました。

 

AIのように淡々とこなせば、実行できます。

ここに、いろんな感情を挟んでしまうと、絵に描いた餅になってしまうかもしれません。

 

しかし、ゴールを設定しているのであれば、自分のわがままや理想を重視して、こういったスケジュールや理想を掲げるのは大事だと思っています。

やはり基準がないと、だらだらとした時間を送ってしまいがちです。

 

基準があるから、そこに対して一喜一憂するんです。

だから、出来なかった時に、どうして出来なかったのかを考えて、また別の角度からチャレンジをするんです。

 

大事なのは、「自分が描く理想に寄せた行動をすればいいだけ」だと思っています。

これを繰り返すことで、少しずつ前に進み、成長をしているのだと思っています。

 

そもそも、1 日のスケジュールを見直そうと思った理由は、「あれが出来なかった〜」の”あれ”は、読みたい本が山盛りになっていて、読めないもどかしさが1番の原因でした。

今日の理想のスケジュールに、どこまで寄せられるかな。

 

よし!今日は、読書タイムを取るために頑張るぞ!!

 

 

 

 

ポチ嬉しいです! ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

↑  クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2022 All Rights Reserved.