成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

【我慢強さにも程がある】家族は似てくるものですね 今年家族が2人脚を骨折しました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

3週間前に内部のリフォームも終わり、断捨離をやり始めた矢先に、荷物に足を挟んだのか、愛犬レイが急に右の後ろ足をケンケンするように、足を上げながら歩き始めたんです。

キャンという鳴き声を発したわけでもなく。

⁡元気に走り回っていた直後、右足をかばうように

⁡「レイどうしたの?脚が痛いの?」と話しかけると、項垂れたようにそろりそろりと近寄ってきて、しゃがんでいる私の脚に頭をすり寄せてきました。

⁡次の朝になっても片足は上がったまま。

⁡朝一番でかかりつけの病院で診てもらうと、「関節の靱帯が断裂しているので治らないです。治したいのであれば、大きな手術になるので別の病院を紹介します」

⁡と先生は触診をしながら話してくれました。

⁡私はこの犬種によくある脱臼かと思っていたので、予想外の展開に頭がついていきませんでした。

⁡「少し考えてみてください」と言われましたが、どうも納得がいかない私。

⁡片足があがったままのレイの痛々しい姿が、可哀想で可哀想で。

⁡「レイはまだ3歳、こんな状態をあと10年以上続けさせたくない」と思い、2日後にセカンドオピニオンを受けました。

 

靭帯断裂ではなく骨折だった!

⁡すると、靱帯の断裂ではなく骨折だったんです。

⁡「骨折ですか???、治ったらまた元のように歩けますか?」

と聞くと

⁡「心配しないでください大丈夫です」

と言われて涙が出ました。

⁡「しかしこのワンちゃんは、痛いはずなのに泣かないんですね。どんなに穏やかなワンちゃんでも触られたら痛いから、噛んだり吠えたりするんです。我慢強いですね」

と。

 

-右足が骨折しています。左足と比べるとよく分かります-

 

-家に帰ってきた直後は、このまま動きませんでした-

 

⁡実家の父も、今年の春骨折した時にそうでしたが、痛くても「痛い」とはなかなか言わない家族のようです。

我慢強いにも程があります。

愛の骨折は順調に回復してきましたが、昨日から体調不良になり⁡…

-右の写真は骨折直後。左の写真は先週のレントゲン写真。だいぶくっついてきました-

 

-今日のレントゲン写真。骨がくっついたのが分かります-

 

骨折から3週間が経ち、順調に回復に向かっています。

⁡が…

⁡レイは昨日から体調を崩していて、食べたものを吐いてしまい、昨日の夜中はあまり眠れないまま朝を迎えました。

⁡原因が分からない体調不良で、吐き気止めの注射と栄養剤の点滴を打ってもらってきました。

 

-昨日からこんな調子。骨折治療中のテーピングが痛々しい-

 

少し落ち着いたのか、さっきようやく寝はじめました。

⁡ペットも家族の一員ですね。

一緒に住む夫はもちろん、離れて暮らす子供達や実家の両親も心配で連絡をくれます。

⁡まだまだ心配なので、早くよくなることを願うばかりです。

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.