成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

自分との約束は自分スタイルでいい!どんな形でも続けることに意味がある

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます。

昨日の朝はとは違って、今日はだいぶらくに起きることが出来ました。

台風が去っていったからでしょうかね。

自分の気持ちに従って動いてみる

今朝は、いつものように目が覚めましたが、少しベットの中で本を読んだりして、すぐには起き上がりませんでした。

暫くしてから、「ウォーキングに行きたいな」と思いました。

 

ベットから出ていつものようにストレッチをし、少し体を慣らしてから出発しようとしました。

時計を見ると、いつもより1時間近く遅いので、「お!」と思いつきました。

 

ウォーキングコースにはマクドナルドがありますが、私がいつも店の前を通る時間帯は、まだ開店していないんです。

「今から出発すると、ちょうど開店した時間だな」と思いました。

 

そして、「そうだ!復路でマックに寄ろう!」と思い、PCをリュックに入れてウォーキングに出発しました。

そして今、マックでこのブログを書いています。

 

でも私は、起きたばかりの時はあまり固形物がお腹に入らないので、アイスコーヒーだけを頼んで滞在しています。

きっと、このブログを書き終える頃には、少しお腹も空いてくると思うので、朝マックをしようと思います^^




自分との約束は自分スタイルで心地よく

今朝のツイッターでも呟いたのですが、「続ける」のって難しいですよね。

昨日のように体調が良くない時、昔の自分であれば「今朝できなかった、私ってダメだよな…。やっぱり私には無理なんだ」と思ってしまっていました。

 

しかし、今の自分は、「今日はまだ終わってないよね?」ともう一人の自分が問いかけているんです。

朝やろうと決めて、できない時なんてこれからも沢山ある、だから「猶予を持たせることは続けられる秘訣になる!」と感じています。

 

今日って24時間あるのだから。

昔の自分は「〜ねばならない」が強くて、朝やると決めたら朝じゃなきゃダメだったんです。

 

前日に下書きをしておけば、朝に投稿もできるかもしれませんが、今は、なんとなく、1日が始まる朝に感じたことを書いてみたいなと思っているので、ゆくゆくは下書きをしておいて、”要領よく”書いていこうかと思います。

 

 

「自分との約束」はガチガチにしなくて、自分スタイルでいいんですよね。

自分が心地よく「続けていく」ことに意味があるのだから。

 

ちょっとつまづいても、「それも、自分らしいということなのかな」と認めてあげることも大事なんだと思います。

50代になると、そんなことも許せる自分になるんですね。

 

 

 

ポチ嬉しいです! ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

↑  クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2022 All Rights Reserved.