成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

娘の誕生日から母のマヤ暦バースデーへ命のバトンは繋がれている

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

昨日は、娘の誕生日でした。

息子も仕事から早く帰ってくることができたので、家族でお祝いをしました。

子供の誕生日、いつまで一緒にお祝いできるのかな。

その場に居なくても家族みんなで娘の誕生日のお祝い

昨日は、娘の好きなものだけが食卓に並びました。

しかし、息子にとっては、あまり好きなものではないものばかりが並びます。(笑)

 

娘と息子の好みは、お肉と焼き魚以外は全て違うかもしれません。

というと大袈裟かもしれませんが、それくらい違っています。

 

残念ですが、そこは主役に合わせてもらうしかありませんので、今日は我慢をしてもらいましょう。

いやいや、それは嘘です。

 

息子でも食べれるように、そこは上手く作りました。

昨日は娘からリクエストがあった「かぼちゃのスープ」と「茄子の煮浸し」を作りました。

 

はい、どちらも息子は好んでは食べません。

昨日は、別にお味噌汁を作っておいたので、息子は、かぼちゃのスープは飲みませんでした。

 

茄子の煮浸しは、お皿に盛ったので食べていました。(食べれないことはないんです、好きではないというだけで)

そこに、鳥のささみを甘酢あんかけも作っていたので、それをメインにして食卓に並べました。

 

因みに茄子の煮浸しも、ニンニクがきいた甘酢にしているので、この汁を使って、片栗粉をまぶして焼いた鳥のささみと絡めて一煮立ちさせて味を染み込ませました。

これは息子も好きですし、簡単にできちゃうメニューなので、作る側からすると手間が省けて助かりました。

 

どちらかというと、かぼちゃのスープの方が手間がかかっていますが、今は昔と違って、便利なハンドミキサーがあるので、これも楽チンに作れるようになりました。

茄子の煮浸しに使った茄子は、実家の父が家庭菜園で作った茄子なんです。

 

そういう茄子で、娘が好きな茄子の煮浸しを作れるなんて、幸せですよね。

それを、娘が美味しそうに食べてくれている姿を、実家の父にも見せてあげたかったです。

 

子供の誕生日、いつまでお祝いできるんでしょうかね〜。

親としてやってあげられる期間って、そう長くはないと思いますので、やれる時まではやってあげたいと思っています。




娘の誕生日から翌日の母のマヤ暦バースデー

5/19から始まったマヤ暦の260日間。

今日は78日目なので”KIN78”の日にあたります。

 

今日は、私の母のマヤバースデーの日なんです。

KIN78は

  • 太陽の紋章(顕在意識):白い鏡
  • ウェイブ・スペル(潜在意識):白い世界の橋渡し
  • ガイド:白い風

という紋章です。

 

白い世界の橋渡しの13日目(音13)でもあります。

マヤ暦の紋章からみると、私と母の関係性はありません。

 

これは、娘もそうなんです。

私と娘も関係性がありません。

 

だから、お互いに干渉しない関係が一番。

友人は、一卵性親娘と言われているくらい密な関係の親娘もいます。

 

我が家は、そういった関係からは遠いかな…

ちょっと寂しい感じもしますが

 

 

しかし、私も母も音13なんです。

そして娘は、音9なので、私たち3人は「協和関係」にあります。

 

今年から娘は、KIN77の黒キンが周り、白の時代の12年目に入ります。

且つ、母と隣り合う”KINナンバーのセット”が周り始めるので、娘にとっての今年1年間は、何かのターニングポイントになるのではないのかなと思っています。

 

今日で、「白い世界の橋渡し」の13日間が終わり、明日からは私が持つ紋章の「青い嵐」の13日間が始まります。

そして13日後に、私のマヤバースデーの日を迎えた後に、娘が持つ紋章は次の「黄色い人」(太陽の紋章ではありますが)へバトンが渡されます。

 

偶然にも、母は全て”白の紋章”、私は全て”青の紋章”、そして娘は全て”黄色の紋章”なんです。

マヤ暦は、「赤の紋章」→「白の紋章」→「青の紋章」→「黄色の紋章」という流れで周っています。

 

まさに我が家の3世代は、この流れのように命のバトンは繋がれていると感じています。

「こうやって命が繋がれていくんだな」と感じていた今朝でした。

 

マヤ暦って、本当に不思議なんですよね。

 

 

 

ポチ嬉しいです! ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他趣味ブログ マヤ暦へ

↑  クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2022 All Rights Reserved.