成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

今年の大掃除のテーマは断捨離、子供達を自発的に動かす方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

昨日は、子供達と住む東京HOMEの大掃除をしました。

今回の目的は「断捨離」

 

社会人になってから、「部屋を掃除しなさい」と口やかましくは言いません。

だって、いい大人だもの。

自分のことは自分でやってね、というスタンス。

 

だ・け・ど

心の中では「片付けてくれないかな〜」と、思っていた私。

 

昨日は、1ヶ月近く前から、子供達に都合のいい日を確認して設定をした日。

去年の大掃除よりは、自発的に動いてくれました。(よっしゃ!)

 

私は朝8時からキッチン周りの掃除に取り掛かり、9時過ぎに息子が起き、9時半には娘が起きて、掃除を開始しました。

息子にはお風呂を担当してもらい、娘にはトイレと洗面所を。

 

私はキッチン周り全般の掃除をしました。

全てが終わるまで、なんと!、夜中の1時までかかったんです。笑

 

私は、2時過ぎまでやっていました。笑

それは、子供達がお風呂に入っている間も、部屋の壁を拭いたりしていたから。

 

捨てたゴミ袋は10袋!!

やり切りました!

 

 

一昨年までは、子供達にも強制的に大掃除をさせていましたが、去年からは予定していた当日に何も言わずに、一人で黙々と始めていました。

子供達が起きて掃除をやり始めたのは13時過ぎ、内心「これから始めるのか…」と残念な気持ちでいたんです。

 

去年も今年と同じようにお風呂は息子、トイレと洗面所は娘、それが終わってからそれぞれの部屋の片付け、といった流れでしたが、思っていたよりも早く終わったんです。

「あれ?」と思いました。

 

終わった後、皆んなでお夕飯を食べにも行けたし、思ったより綺麗に片付いたので、あまりとやかく言わない方が「やらされ感」がなくていいのかも、と思いました。

なので今年も大掃除をやる日だけを決めて、私は朝から一人、黙々と始めたんです。

 

そしたら、子供達は去年より念入りに掃除をし始め、「夜も外に食べに行こうか」と言っても、「いや、俺は大丈夫」と言って息子は黙々と掃除を続けていたんです。

私と娘はお腹が空いていたので外食に出かけ、息子は時間差で食べに行きました。

 

皆帰ってきてからも、また黙々と片付けを始めました。

リビングに集められたゴミ袋を見て、子供達も爽快感を隠せない様子。

 

残念なことに、写真を1枚も撮っていないという。

まぁ、掃除中の散らかった部屋を撮るという気も回らなかった、というのが正解。

 

 

今日は、子供達はそれぞれ、友達と推しのライブや、ザ・メイキングオブ・ハリーポッターに、心なしか気分よく出かけて行きました。

今日は、すっかり片付いた我が家で一人、静かに過ごしております。

 

なんか、良い感じ。

口出しをしないって、自分で考えてやり始めるからいいかも。

親としては子供が動かないと、つい口出しをしたくもなるけど、そこはグッと我慢。

来年の更なる進化を期待しつつ、母は明日から数日に分けて、カーテンを洗います。

明日天気にな〜れ☀︎

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.