成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

価値観の優先順位を決めるとやることも諦めることも潔くなれる

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

昨日の午後から、東京に戻ってきています。

環境を変えられる2拠点生活は、私にとってスイッチが切り替えられるので有難いです。

田舎での時間の流れと東京での時間の流れ方が全く違うので、私にはどちらも必要で、自分を維持するにはちょうどいいバランスなんです。

思うようにいかない時は潔く諦める

時間の使い方って、効率よく時間を使うことばかりにフォーカスしがちだけど、自分がいる環境でそのことばかりに集中できない時もあります。

そんな時は、潔くあきらめて、「効率を考えない時間の使い方」に任せてみるのもいいと思ってます。

 

40代の頃までは、睡眠時間を削って遅れを取り返すことをしていた結果が、病気を招いてしまったので、その経験を無駄にしないようにと心がけています。

「眠い時は寝る、休みたい時は休む」をちゃんとしようと。

 

私は、自分の体の不調を無視してしまうことがあるので、”自分の心と体の声を聴いて動こうか”ということです。

そして、「今しかない」という気持ちで、優先順位を決めてやっていこうと思っています。

 

だって、1年後、2年後に後悔はしたくないし、もしかしたら明日死んじゃうかもしれないし。

そう考えると、「今を大事にしていきたい」と思ったんですよね、今更ですが。

 

 

私にとっての優先順位の上位は家族

昨日は東京に自宅に戻って、子供達と久しぶりにお夕飯を食べたんです。

昨日のブログにも書きましたが、父が家庭菜園で作った茄子を使ってパスタを作り胡瓜はサラダにしました。

 

私が自宅に戻った時息子は出かけていましたが、「お夕飯どうするの?」とLINEを送ったら、「家で食べる」と即答で返ってきました。

“胃袋を掴む”って大事ですね(笑)、久しぶりに子供達楽しい食卓を囲むことができました。

 

こういった時間は子供の成長と共に変わってきましたが、小さかった頃、小学校、中学、高校、大学と、成長をするに従って食卓を囲む時間が少なくなってきました。

そこはやはり、寂しいところではあります。

 

来年になれば、子供が結婚をするかもしれないですし、或いは一人暮らしをするかもしれないです。

そう考えると、「今しかない」という気持ちになってきます。

 

それは、両親や夫に対しても同じです。

私にとっての優先順位は、やはり家族との時間です。

 

あなたにとっての優先順位で最初にくるのは何ですか?

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.