成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

タスクをこなせない人はやる時間と優先順位を決めると出来る!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

今年に入って、時間管理が大切だなと感じています。

これとこれを今日はやる→そして優先順位を決める、という流れが無駄なくスケジュールをこなす秘訣かなと感じています。

その日出来ないタスクがあると自己否定してしまう

TODOリストに書き込んで、漏れのないようにしているんですが、メールやLINEでサラリと送られてくると、その日やることの優先順位が入れ替わってしまうことがよくあります。

サラリと優先順位が高くなったタスクに時間がかかったりすると、私はイライラしちゃうんです。

 

そして出来なかった自分に、ダメ出しをして自己否定が始まる、というような。

昔は、寝ないでやり切る!というようなことをしていましたが、体を壊した原因でもあるので、今はなるべくやらないようにしています。

 

 

朝はパフォーマンスが上がる

夜は私は弱いんです、その分朝が早いからですかね。

なので、潔く次の日にやるようにしました。

 

夜は、頭が全然回らなくなるので、特に考えて形にしなければいけないものは、朝にやるようになりました。

夜、無理してやるよりも、さっさと寝て朝やる方が集中できますし、パフォーマンスが上がるんです。

 

朝が苦手という人も居るかもしれませんが、昔私もそうでした。

最初は大変かもしれませんが、だんだん慣れてきます。

 

今では、完全に朝型人間になりました。

朝活を推奨している人も多いですね、私もその中の一人です^^

 

 

週単位でやること、その日やることの優先順位

ここ数日で気付いたことが、月単位の行動と週単位のタスク、その日のタスクで見渡すと、「その日にやらなければならないことと、やらなくてもいいこと」が見えてきます。

私の過去の反省として、今日やってしまいたいといった願望と、今日やらなければならないことがごちゃ混ぜになっていて、その日に終わらせることが出来ず、ストレスになっていたことが多かったように思います。

 

その日のことは、朝見直して予定を立て直すことから始めると、余計なストレスを自分に与えずに済むので気持ちも軽やかになります。

それでも終わらない時は、キッパリと明日に持ち越すというのも全然アリですね。

 

自己管理は自分でどうにでも出来るので、難しいところもあります。

ただ、その日のゴールまでのプロセスは、自分でどうにでも出来るという点は良いところでもあるので、自分にストレスを与えないようにだけはしていきたいですね。

 

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2024 All Rights Reserved.