成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

幸せの価値をどこに置くかで豊さが違ってくる ようは自分次第

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

夫にとっての楽しみが理解できるようになってきた

私は今、仕事の関係もあり、2拠点生活をしています。

月の半分は、夫との二人の生活をしているのですが、この距離感は、夫にも私にも心地いいんです。

 

 

多分、今の夫の唯一の楽しみは、高校からの同級生と、週末飲みに行くことだと感じています。

もともと家が大好きで、職場の歓送迎会や忘新年会以外は、ほとんど飲みに行くことがない夫です。

 

そんな夫が、週末の夕方になると「先に行っているから、来れたら来たら?」と私に声をかけて、出かけていきます。

お互いに、それぞれ好きなことをやって過ごしているので、休みの日はほとんど一緒の部屋にいることがありません。

 

なので、わざわざ2階に居る私のところまで来て、声をかけてくれます。

「分かった〜、後でいく」と私が返事をしてから、トントントンと階段を降りた数秒後に、玄関のドアのパタンと閉じる音がします。

 

近所にある居酒屋さんで、お店の人も気心が知れているので、家の他にもそんな場所があることは、夫にとって有難いことなんだと思います。

 

私が遅れていくことにも、私なりの気遣いがあります。

私抜きの、友達との時間も楽しんでほしいので、あえて最初から行かないんです。

 

多分、夫は気づいていないかもしれませんが。

なので私は、後半1時間くらいの参加で、どちらかというとご飯を食べに行くという感じです。

 

 

「ムダ」という価値があるもの

実は私は会社員時代、こういった飲み会のようなことに、時間とお金を使うことに抵抗がありました。

会社の飲み会は別ですが、それ以外の飲み会は気が進みませんでした。

 

シンブルにいうと「ムダ」と感じていたんですよね。

その分、本を読んだり、仕事をしたり、子供たちとどこかに出かける時間に割いた方がいい、と感じていたんです。

 

でも、きっと子供達がまだ小さければ、その考え方は変わらないとも思います。

50代を迎えて、子供たちも社会人になり、時間やお金にも少しは余裕ができてきたからこその、「ムダ」が今は心地いい時間なんですよね。

 

改めて思うのが、月日を重ねると、生きる年代は当たり前に変わってきます。

ようは、今いる年代やステージを楽しんだ方が「豊になる」ということです。

 

それはお金があるから、手がかかる子供がいないから、とかではなく、その年代にしかできないことってたくさんあって、そのことをちゃんと楽しんだ方がいいということです。

 

50代になって、今までの価値観からは変わりました。

40代までは、「この状態が死ぬまで続くだろう」くらいに思っていましたが、そうではないことに50代になると分かります。

 

そんなことが分かった50代前半なので、せっかくの残りの50代は、今まで「ムダ」と思っていたことを、ちゃんと楽しんでみようかと思います。

 

 

 

ポチ嬉しいです! ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

↑  クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2022 All Rights Reserved.