成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

人生はミックスナッツ!いろいろがあるから面白くて楽しいのだ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Official髭男dismの”ミックスナッツ”を聴きながら♪

私は毎朝リハビリのために、ウォーキングをしている。

2年半前の病気による後遺症が若干残っているので、主治医からもすすめられているからだ。

 

ウォーキングの時には、必ず何かしら”為になる”音声を聴いている。

しかし、今朝は音楽を聴きたいと思い、iPhoneに落としている音楽リストの中から、適当に選んだ曲を再生し、歩き始めた。

 

流れてきたのは、official髭男dismの”ミックスナッツ”。

彼らの音楽は、リズムはさることながら歌詞が深いと感じることが多々ある。

 

このミックスナッツも、深いと感じながら歌詞を聴き入ってしまった。

「共に煎られ揺られ踏まれても割れない殻みたいになるから」

深いわ〜 ♪と感動しながら聴いていると

 

「許されないほどにドライなこの世界を等しく雨が湿らせますように」

という歌詞にも、乾燥しつつあった私の気持ちを、湿らせてくれた(湿らせますように〜♪)うんうん、うんうん(笑)

(この直前の歌詞の”生まれた場所が木の上か地面の中かそれだけの違い”にも、うんうんと頷いていた私だった)

 

私の気持ちの乾燥はどうでもいいが、「許されないほどにドライなこの世界を等しく雨が湿らせますように」に並ぶ言葉のチョイスが素敵だなと、心に深くしみじみと感じている自分がいた。

 




いろいろがあるから面白くて楽しい

そして、この歌のタイトルにある”ミックス”という言葉に、「いろんなことに柔軟でいたい」という気持ちになった今朝でもあった。

 

私世代は、今のように情報化の時代から育っていたわけではないので、何でもネットから情報を得られる今を、基準に生きていないところがある。

無ければ無いで不便さを感じない、といった感覚も持ち合わせているので、そのことが”良い悪い”で判断されてしまうと、判断された側は生きにくくてしょうがない、と感じてしまう気がする。

 

何が言いたいかというと、生き方や考え方はそれぞれで、人を傷つけること以外は、自分とは違っていろいろあって当たり前なんだと思った方が生きやすいし楽しいと感じる。

 

「皆んな同じじゃつまらないし楽しくない」くらいでいた方がいいと感じた今朝だった。

 

 

追伸

行きたいところがあって迷っていたが、私が勉強をするマヤ暦で、今日はガイドが私が持つ青い猿(楽しむ)の紋章でもあるから、やっぱり行くことにしよう!

どこに行くかは、また明日報告します^^

 

 

ポチ嬉しいです! ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

↑  クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2022 All Rights Reserved.