成瀬汐里LINE公式の登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

【今日のマヤ暦】K168 すき間を作って適度な距離を保ちましょう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に原因不明の腹部の痛みに襲われ発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の会社員生活を通しての経験、子育てや家事との両立、40代後半に入ってから仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます。

気持ちをニュートラルにして過ごしたい人の案内人、マヤ暦ライフ研究家の 成瀬汐里 です。

 

2021年5月31日(月)

今日のキンナンバーは
K168
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の168日目)

*黒キン

黄色い星
赤い地球
音12

ガイド:黄色い太陽

 

 

今、マヤ暦では「赤い地球」の13日間です。(今日は12日目(音12)です)
赤い地球の紋章のキーワードは

・共時性
・シンクロニシティ
・心の連帯

ふと「どうしているかな?」と思った人から連絡がきた。「健康のためにヨガをやってみたいな」と思ったら、ポストにチラシが入っていて教室に通うようになった。といったシンクロニシティを体験したことは誰にでもあるでしょう。
「赤い地球」のエネルギーはシンクロニシティを起こしやすい傾向にあります。それは、オープンハートでいることで、本気で誰かと「絆」を結ぶために、「心のつながり」を大切にしているからです。

 

●今日のもう一つのエネルギー「黄色い星」のキーワード
・姿・形を美しくする
・均整の美と調和
・星

●音12 ・・・ 共有

 

 

昨日はイベントを行いました

 

 

昨日は”Lotus・yoga”さまの「香りのヨガ」とのコラボイベントを行いました。

Lotus・yoga のHPはこちら

 

おかげさまで満員御礼となり、新たな方とのご縁をいただきました。

セッションが終わって

背中を押してもらいました

と、笑顔で言っていただいた言葉が、とても嬉しかったです。

またコラボイベントを行う予定ですので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

 

私のLINE公式アカウントでもお知らせをしていきます。

今だと「マヤ暦の基本用語集」を無料プレゼントしておりますので、良かったら登録をしてくださいね。
(スマホですと、下のメニューから登録ができます。)

LINE ID : @369ocsmu

 

今日 K168 のメッセージは「すき間を作って適度な距離を保ちましょう」です。

さて、今日は、「心のつながり」を大切にする”赤い地球”の12日目です。

ご自身の周りの方の大切な人と、「心のつながり」を持つことはできましたか?

今は無理でも、ゆっくり時間をかけて大切に思う人とつながってください。

あなたが思っているその思いは、きっと伝わりますよ^^

 

今日のもう一つのエネルギーは、「黄色い星」です。

この紋章は、環境の影響を受けやすく、身の回りが汚れていたり、心がみだれていたりすると、自分のエネルギーが落ちてしまいます。

  • 部屋が散らかっている
  • 会社のデスクの上に書類がたくさんある
  • パソコンやスマホの画面がアプリやデータでごちゃごちゃしている
  • 今いる部署の人とうまくいっていない
  • 夫や子供との関係がうまくいっていない

 

など、モヤモヤすることがあれば、まずは部屋を片付けることから始めましょう。

ごちゃごちゃしていると、どこに何があるのか分からなくなってしまうので、イライラしてしまいます。

ある程度、「すき間」を作って風通しを良くしておくことが大切です。

 

人間関係も同じです。

ある程度の「距離感(すき間)」があった方が、相手のふところに入りすぎず、良い関係を保ことができます。

 

会社でうまくいかない人がいたら、少し距離を置いて、必要最低限のお付き合いをしたほうが良いですね。

相手を無理に変えようとしても、相手を変えることはできません。

自分が無理をして距離を縮めようとしても、気持ちが疲れてしまってうまくはいきません。

相手にも相手の都合があることを受け入れた上で、距離感を保ことはとても大切です。

これは家族でも同じことが言えるかもしれませんね。

 

私がサラリーマン時代、人間関係でうまくいかなかったりした時に、よく思い浮かべてた言葉がありました。

「これもお給料に含まれていると思えば楽だな。 仕方な〜い♪ 仕方な〜い♪ 」

と心の中で思いながら気持ちを切り替えていました。

まぁ、お給料と見合っているかは別として、気持ちを切り替えるにはとても助けられた言葉でした。

 

今日は、是非、身の回りのごちゃごちゃしたものを片付けてすき間を作ったり、自分と相手との適度な距離感を意識して、ストレスフリーで過ごしてくださいね^^

 

 

今日の幸運を引き寄せる”花と色”

 

アデニウム・薄いピンク

 

視点を変えるために、いつもと違うモノを自分に贈りましょう。

*花言葉* ロマンス、一目惚れ、純粋な心

 

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に原因不明の腹部の痛みに襲われ発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の会社員生活を通しての経験、子育てや家事との両立、40代後半に入ってから仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.