LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

マヤ暦観点から見ると旦那の機嫌の悪さに構っている暇はない!なんてね・・

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

先日、私が入っているコミュニティで、今まで密かに勉強をしていた「マヤ暦」のモニター募集を行った。

自分の中で、モニター募集をする時に、そんなに申込者はいないだろうと踏んでいた。

ところが、思わぬ反響で、申し込んでくれた人が予想をはるかに上回ってしまった。

 

サラリーマン時代に管理職をやっていた時のことが徐々に思い起こされ、「どうやったらうまく伝わるか・・」を考えながら、朝から晩までパソコンに向かう時間が増えていった。

私的には、全く苦ではないし、むしろ楽しんでいる。

 

そんな忙しい私にイラだったのか、夫のイラだちが「結局は自分に返ってきちゃったよね〜」というお話しです。

あれ⁉︎ なんか不機嫌?・・な夫

ついこの間の週末、私は平日と変わらない時間に起きて、朝からパソコンに向かっていた。

マヤ暦のモニターの資料も作りたいし、ブログも書きたいし、不動産の管理会社にも連絡したいし、税理士事務所にも書類を送らないといけないし・・、と朝から頭の中がいっぱいだった。

 

しばらくしてから起きてきた夫とは、別に話すこともなく「おはよう」とだけ挨拶をかわす程度。

家事も同時に行っていたので、作業が乗ってきた時に洗濯物を干さなければならなかったりして、心の中で

 

あぁ〜〜〜〜

 

と思いながらも、ちゃっちゃとこなしてはいるが、それでも時間は過ぎていく。

 

その間、夫はリビングのテレビで、Amazon primeで映画を楽しみ、休日を謳歌している。

そんな夫を横目にしながら、羨ましいくらいだった。

 

がしかし!

 

なんか顔つきが変!!!

話しかけても、口数が少ない!

 

あれ⁉︎なんか不機?

 

不機嫌っぽい・・

いや、不機嫌だ・・

 

しかし、一瞬考えたが、放置 することにした。

 

「だって私忙しいんだもん!」

 

子供じゃあるまいし、構っていられない。

30年近く夫婦をやっていると、言葉に出さずとも、それくらいの夫の心情は窺い知れる。

 

それをいちいち構ってやれるほど、私には時間に余裕がない。

 

「お互いに、大人になろうぜ!」

 

と心の中で、思いながら放置。

 

いつもの週末の買い物で カゴまるまる1コ分 スーパーに忘れてきた!

午後、夫と一週間分の食材の買い出しに出かけた。

いつもカゴ2つはいっぱいになる量の買い物をする。

 

寒い時期だし、平日はできればウォーキング以外は外に出たくなし・・。

の気持ちの表れが、カゴにいっぱい詰まっている食材を見ると感じてしまうが、それで良しとしている。

 

レジで会計を済ませ、いつものように夫は、1つめのカゴの食材の袋詰め(段ボール)を始めた。

(因みに我が家は、町内会の週に二度のごみ収集の時にカラスがゴミを散らかすので、家庭用ゴミ袋に段ボールを入れてゴミを外から見えないように出しているので、レジ脇に積んである無料で提供している段ボールに入れて持ち帰ります)

 

2つめのカゴをカートのまま袋詰めしている夫の脇に置いて、「豚肉を買い忘れたから買ってくる」と言い残し、私は慌てて買いに走った。

レジでお金を払って夫のところへ行くと、既に段ボール箱に沢山入った食材の脇に立って私を待っていた。

 

2つの段ボール箱に詰められた食材を、夫と一つずつ抱えながら、車の後部の荷台に乗せてお店を後にした。

 

家に帰ってから食材を冷蔵庫やストック収納棚へ入れ終わると、私は買ってきたものが少ないことに気付いた。

そうそう、”チョコレート効果カカオ86%”を買ったのに、どこにもないことでそれに気付いた。

夫に「チョコレート効果カカオ86%はどこにしまったの?、あと長ネギは?」と確認したときに

 

はっっ・・・⁉︎

 

とした顔で夫が目の前に立っていた。

 

どうやら私が買い忘れた豚肉を買いに売り場へ戻る時、袋詰めしている夫の脇に置いたカートのカゴに入った食材を、まるまるカゴ1個分忘れてきたようだ。

 

すぐに二人で車に飛び乗り、スーパーへ再び向かった。

私は心の中で「買った食材、多分もう無いな・・」と思っていた。

朝から若干不機嫌な夫に、火に油を注ぐことになるので、それは言わなかった。

 

スーパーへ戻って、レジの人へ尋ねると、

 

あった!!!

 

なんと、お店の人がカゴいっぱいに入っているカートが放置されていることに気付いて、サービスカウンターで預かっていてくれたのだ!

なんという神対応!!

一カゴ5,000円分の食材を損しなくて済んだ!

 

あ〜良かった〜〜〜

 

と夫と帰りの車で話しながら帰ってきた。

 

がしかし、私はそこで、

 

これってさ、逆の立場だったら絶対に私にブチ切れてたよね?

まぁ、私はこんなことでいちいち怒らないけどね。

 

と静かに夫に、フロントガラスに広がる景色を観ながら言った。

 

午前中の不機嫌さが影響しているのかは分からないが!

この時の私の言葉は、夫に響いてくれているのだろうか・・

疑問ではあるが、夫婦間での学習能力の低さを感じられる夫に、あまり期待はしない。

 

マヤ暦でいう夫が持つ紋章の意味は「お・も・て・な・し」の人

そうそう、マヤ暦でいうと夫の持つ紋章の意味は

 

「お・も・て・な・しの人」であり、「お陰様の精神の人」

 

マヤ暦は、生まれてくるときに、自分が生きたい紋章を選んで生まれてくると言われているが、直ぐに機嫌が悪くなる夫は(これでも昔に比べたら体も心も丸くはなったが)きっと生きにくいと感じているに違いない。

きっと・・

 

それにいつ気付くのだろうと思いつつも、「仕方がない付き合ってやるか」と思っている自分に、「今の忙しさが落ち着いたら、美味しいランチを一人で食べに行って自分へご褒美をしよう〜」と思いながらのスーパーからの帰り道、夫の不機嫌な態度でハプニングを招いた休日午後だった。

 

それから夫は少し反省したのか機嫌がよくなりました、とさ。

めでたしめでたし。

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.