LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

休日のお昼に夫と家飲み ゆる〜く過ごした良きな一日

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

昨日今日、夫は仕事が休みだったが、私は朝から私はパソコンに向かっていた。

結構なんだかんだいっても、毎日気忙しく・・、というか忙しい。

 

夫は放置して、自分のやっていることに没頭していたら、昨日の午後は若干機嫌が悪くなったように見受けられた。

・・が、私も忙しいのでそのまま夫を放置。

 

夕方、夫の友達夫妻と近所の小料理屋へご飯を食べに行く約束をしていたが、仕事が終わらずに私は泣く泣く欠席。

外は寒いので、行きと帰りの送迎をして穴埋めをさせてもらった。

 

 

今日も朝から朝食も食べずにパソコンに向かっていて、お昼近くにひと段落できたので、炊飯器の中のご飯の量を見て”お稲荷さん”を作ることにした。

去年のお歳暮でいただいていた稲庭うどんを、お味噌汁の代わりにすることにした。

 

夫は歳のせいか、もうあまり量が食べれないので、2〜3品で十分と言ってくれる。

作る私も楽になるので有難い。

 

 

夫が待っている間、友達3人とLINEで話をしていて、友達は偶然にも皆、家飲みをしていた。

夫が羨ましそうにしていたので、我が家も家飲みをすることに。

 

簡単な料理ではあるが、テーブルに並んだお稲荷さんと稲庭うどんを写真に撮って友達に送っている夫が、微笑ましかった。

お稲荷さんは、二人では食べきれない量なので、半分をお夕飯に残した。

 

食べながら、Amazon primeで映画を観た後、夫は愛犬レイを抱いてお昼寝。

私は再びパソコンへ向かった後、途中休憩でストレッチをして、リハビリを兼ねたウォーキングへ出かけた。

帰ってからも再びパソコンへ向い、気付いたらもう夕方。

 

一日って本当に早い。

でも、昼飲みをして、「休日」を感じた”良き”な一日だった。

デザートにブルーベリーパイ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.