成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

心とお金は繋がっていることを知り自分らしい豊かさの第一歩を踏み出す

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

私は、人と話をするのが好きですが、他愛のない話でも勉強になることがたくさんあります。

私は交友させていただいている年齢層が幅広く、20代から70代の方がいらっしゃいます。

そして、今までテーマが違ったお茶会を幾つか開催したり、友人や知り合いの人と話をしてきた中で、自分の過去の経験も含め「心とお金は繋がっている」と、ここのところ特に感じるようになりました。

思考を整理し自信が持てない自分から自信が持てる自分へ

私は、相手の表情や視線を見ながら、口に出していることと頭で考えていることが違っていたり、うまく言語化ができないことがあると、「それってこういうこと?」と聞き返えし、「そうそう!」と答えてくれるやり取りが、意外と多いことに気づきました。

次第に、相手が抱える悩みや不安を聴き出して、楽にしてあげたいと思うようになりました。

 

自分自身もそうなんですが、いろんなことを考えすぎてしまったり、過去の失敗から自分に自信を持てなくなってしまっていることって誰でもあるんです。

物事の捉え方を変えてみる提案をしたり、思考の整理をしてあげることで、モヤモヤが消えたり未来に希望を持つことができて、前に進めることも分かってきました。

 

それに気づき、すぐにコーチングの勉強を始めたいと思い、西脇みえこさんが開催するコーチング講座で半年かけて勉強をさせてもらい、コーチングマイウェイ認定コーチとなりました。

コーチングを学んだことで、相手と話す距離感がぐんと近くなったように感じています。

 

 

コーチングを学び相手との距離感が近くなったことで分かったこと

私は趣味から始めたマヤ暦診断(マヤ暦は鑑定という表現はしません)を300人以上、会社員時代から始めた副業の知識を活かし、不動産投資、相続、売却の相談を50人以上させてもらいました。

一見、マヤ暦と不動産投資は、全く違うもののような気がしますが、マヤ暦は心(マインド)の部分に大きく関わるもであり、不動産投資は、投資という観点から”投資=お金”に不安を抱える人がご相談に来られます。

 

悩んでいる人の共通点として、将来への不安や、ご家族、人間関係のことでも、お金に結びつくことが多いと感じました。

もっと深く掘り下げると、心(マインド)の部分が根っこにあり、潜在意識や顕在意識まで深く関わっていることも分かってきたので、やはり「心とお金は繋がっている」と実感しました。

 

特に女性は、不安を抱えていたり現状に満足ができていないと、ムダなものや必要ではないものにお金を使い、後から罪悪感が湧いてきて自己否定をし始めます。

私はコーチングを学んだことで、そのループに悩む人が多いことも分かってきました。

 

そんな私も会社員時代は、ストレスで「これは仕事に必要なもの」と、都合のいい理由をつけて洋服やバックを買い、その後に罪悪感を持ったことが何度かありました。

 

 

心とお金は繋がっていることを実感し豊かさへ一歩を踏み出す

収入口が会社員のお給料だけの時は「私が頑張ったご褒美と我慢料、今月もお疲れ様でした」と心の中で言いながら、銀行口座から引き落としていました。

そのお金は、子供達の大学の学費や、地方の大学に通う一人暮らしをしていた子供の生活費の仕送りに消えていましたので、お給料がもらえなくなったらどうしようという不安から、仕事で嫌なことがあってもグッと飲み込んでいることも多かったんです。

 

しかし、お金があると心に余裕も出てきて、目先の不安が気にならなくなります。

私が会社員時代から副業を始めて収入が少しずつ増えてきた時に、心にも余裕ができたので、会社で嫌なことがあってもあまり気にならなくなりました。

 

これは、私が目指す「豊かさ」の第一歩を踏み出したことを実感しました。

やはり、「心とお金は繋がっている」と、改めて感じました。

 

 

人生の後半戦、自分らしく心軽やかに生きるために

私も含め、人生の後半戦に入るアラフィフ世代。

何かモヤモヤしていたり、これからの人生に不安を感じているのであれば、一度紙に書き出して自分と向き合ってみてはどうでしょうか。

 

思ったことをそのまま書くことが大事で、言葉にして紙に書いてみると、自分の心の声を知ることができて、そのモヤモヤが解決する確率がぐんと上がります。

それと同時に、自分の意外な面にも気付くことがあります。

 

私がそうでした。

自分が我慢をしてきたことや、やりたかったことを知ることができて、そこに今までの経験を活かし、新たな収入口がで作れたのも自分の心の声を知ることができたからだと思います。

 

貴女自身の心の声を聴き、現状のモヤモヤから解放されることで、新しい何かを発見するかもしれません。

それが新たな収入口となり、お金に対する不安が解消される一歩を踏み出すきっかけとなり、将来への新たな希望も湧いてくるはずです。

 

まだまだ人生は続きます、人生の後半戦、自分らしく心軽やかに生きていきましょうね。

 

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.