成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

50代から求める快適な暮らしと自分達の老後を見据えたリフォーム

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

ここ数日、家のことで動きがありました。

家とは、住居です。

自宅を全面的なリフォームをしようかと、動き始めました。

15年ほど前に、間取りを変えるほどの大きなリフォームをしていますが、その後はメンテナンスをしていないので、「そろそろやろうか」という話になったんです。

今求める快適さと自分達の老後を見据えて

夫は一級建築士、私はインテリアコーディネーターの資格は持っていますが、よそ様の家になると一生懸命になるんですが、自分の家となると、不便を感じなければあまり気にしない私達夫婦でもありますので、自分達の住処は、可もなければ不可もない住まいです。

なので、「もう少し経ったらリフォームをしようかなぁ…」ぐらいでしか、私も夫も考えていませんでした。

 

しかし、今回、夫の理由と私の理由はそれぞれ違いますが、「前向きに考えてみようか」になったんです。

夫は、ご近所の家の、外装のメンテナンス工事のビフォーアフターを見て、やっぱり今がメンテナンスのタイミングだと思ったようです。

 

私には理由は2つあって、子供たちも居なくなったこの家で、もう少し快適に暮らしたいと思ったのと、自分達の老後に向けた断捨離を始めたいと思ったからです。

50代だし、まだまだ先だと思っていましたし、そう思いたいのもありますが、実家の両親を見ていて、そうも言っていられないなと思いました。

 

 

実家の断捨離後の空間が心地よかった

私の実家には、両親の洋服や荷物(結婚式の引き出物や、箱に入ったままの人形、使えない扇風機など)が、ずっと気になっていたので、父に「終活という言葉があるんだけど、今の時点で必要なものや大切なものだけを残して、一緒に片付けない?」と、終活の意味を説明しながら提案したんです。

父は、少し考えて「ん〜そうだな、そうするか」と言った次の日から、断捨離を始めたんです。(父はいつも行動が早いんだよなぁ)

 

しかも、ただ捨てるだけではなく、母の洋服は1枚1枚母に確認をしながら捨てるものは捨て、古くても母が気に入っているスラックスは、ゴムを入れ替えて快適に履けるようにし、タンスの中も整理をしてくれました。

結局私は、全く手を貸さないまま、父はある程度の断捨離を終わらせたんです。

 

居間、床間、キッチン、階段、縁側、玄関、クローゼットの洋服…

玄関には、父が磨いたピカピカになった靴が(ほとんどが母のモノ)下駄箱に、綺麗に納めてありました。

 

綺麗になった玄関の下駄箱の上には、庭から採ってきたツツジの花まで生けてありました。

-思い出のある置物はそのまま飾ってありました-

 

もともと父は綺麗好きでしたが、母は意外と(というか、だいぶ)無頓着だったというのがわかりました。(笑)

父には脱帽です…

 

父の行動と、不要なものを捨ててスッキリした空間が、とても心地よく感じました。

 

 

行動に移すとイメージが湧いてくる

自宅に帰ってから家の中をぐるっと見渡しながら、「不要なモノが視界に入ってきていても、見てみぬふりをしていたな…」と反省をしました。

このタイミングでリフォームの話が出たのを機に、我が家も断捨離を試みようかと思っています。

 

ん〜、さてさて、今見積もりを依頼中です。

今のところ、外部は2社見積もりが上がってきました。

 

工事の内容は同じでも、会社によって見積もり金額が全然違うので、相みつ(相見積もり)をとって金額の比較が必要です。

今日は、内部の見積もりを2社へお願いしました。

 

今週、家の中の確認に来る予定です。

総額で、どれくらいの見積もりになるのでしょうかね。

 

リフォームした後を想像すると楽しみです^^

どうなるのかな〜。

 

またお知らせします。

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.