成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

誰かのためにを優先してきた生き方からは卒業 自分の心を知るって大切です

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

自分がどうしたいのか、何度考えても分からない。

友達に相談しても、上手い答えが見つからない。

そんな時は、しっかりお金を払ってプロに引き出してもらうといいですよ。

私はそれで楽になりました。

今までは「誰かのために」を優先してきた生き方

私は自己分析が苦手です。

最近気づきました。

 

ポジティブ心理学を学んだり、コーチングを学んだりして、自分以外の人の魅力や才能を引き出すのは得意みたいですが、自分のこととなるとダメなんですよね。

これってどうしてだろうと考えてみました。

 

仕事、家事、子育てで「誰かのために」を優先してきたからだと分かりました。

部下のため、家族のため、子供のため。

 

若い頃は、「ああしたい、こうしたい」という夢や希望がありましたが、そんなこともいつの間にか忘れてしまって、「誰かのために」が、無意識の思考や行動になってしまったんですよね。

器用な人であれば、現在の自分や周りの状況をみながら判断できるのでしょうが、自分を掘れば掘るほど分からなくなってしまったんです。

 

 

思い切ってプロに相談をしてみたら楽になった

「だったらプロに頼ってみよう」と探し始めました。

そして有料のコンサルティングを受けました。

 

私の話を受け止め、しっかり聴いてくださり、私の経歴や話す内容や表情から分析をしてくださり、自分では気づかなかったことを寄り添って引き出してくれました。

「自分が良いと思うもの、それが相手にとって価値のあるものでありそこに自分の気持ちにのせて自分らしく伝えていくこと。」

 

そういうことだったんです。

結局、今まで言われてきたことと同じことではありましたが、「やり方や表現の仕方」に自分が納得できていなかったんだと分かりました。

 

そして、自分の思いを聴いてもらい、認めてもらえたから気持ちが楽になったんです。

 

 

“自分にとって”のやり方や表現の仕方が分からない

改めて自分の人生を振り返ると、頭では分かっていても、「やり方や表現の仕方が分からない」という壁があると、「どうしたらいいんだろう」と、自分で解決法を探してここまできましたが、「人の立場に立った視点」で見ることが私は得意だったから、ここまで進んでこれたんですよね。

 

しかし自分のことになると、これが全くダメダメになってしまっていたんです。

私のような生き方をしてきた人で、「自分がどうしていいか分からない」という人はプロに頼ってみるのもいいですよ。

 

「寄り添ってもらえる」ってとても心強いから。

そして、私も今までのように誰かに寄り添って、自分の経験とスキルで「その人を導いてあげたい」そう思いました。

 

「自分の心」を知るって大切です。

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.