成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

老後のために頭を柔らかくしておくことで人生は楽しく豊になる

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

今朝のウォーキングは、少し長めにやってきました。

家の近所に橋があるんですが、いつも橋の手前で折り返します。

でも今日は、橋を渡って戻ってきました。

まぁ、そんな気分の今朝でした。

頭を柔らかくしておく

自分の中で、ブロックしていることって結構あるな、と感じています。

歳を重ねると、今までの経験値で自然に物事を測ったりしています。

 

気づかずに、というのがほとんどですが。

これが潜在意識に刷り込まれている事なんでしょうね。

 

潜在意識は、脳内で90〜97%(いろんな説があります)を占めていて、顕在意識は残りの3%〜10%といわれています。

潜在意識は、無意識で起こす思考や行動なんですよね。

 

ここに、今まで生きてきた「自分の歴史」も刷り込まれていくわけですから、人から言われて「なぜ?」になるわけです。

ここね、「なぜ?」で終わらせてしまうと、もったいない。

 

そりゃ、カチンとくる時もありますよ。

人間だもの(by:相田みつを)

 

そして、それまで生きてきた「自分の歴史」もあるわけですから。

 




50代、60代、70代と人生を楽しく豊にするために

だけどそんな時は、一旦、すぐに頭を切り替えたり、自分にとって心地の良いことをしたり、時間を置いてみるか、次の日の朝起きてから考えてみると、それが大事なメッセージだったりすることに気付くんですよね。

 

「今までは、そんな見方をしたことがなかったし、考えたこともなかった」っと。

これは、これから残された50代、60代、70代と生きていく上で、頭を柔軟にしておく訓練にもなるかもしれません。

 

私が、60代、70代を生きる先輩方々で魅力的だなと思う方って、みんな頭が柔らかい。

だから、惹きつけられるオーラを纏っているんですよね。

 

年下だろうが、反対の意見を持つ人だろうが、受け入れることから次に繋げている人が、進化を止めない秘訣なんだと感じています。

 

これから、間違いなく歳をとっていきます。

頭も硬くなります。

 

だけど、柔らかいスポンジのように、自分の頭の中は保っておきたいと思います。

じゃないと、頑固婆ちゃんになってしまうから。

 

頭を柔軟にしておき、魅力的な歳の重ね方をして、いろんなことを吸収していく方が、人生も楽しく豊になると思うんですよね。

 

 

 

ポチ嬉しいです! ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

↑  クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2022 All Rights Reserved.