成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

夫の還暦のお祝い会はサプライズで起死回生、危うく悪妻になりそうでした!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら
先日は、夫の還暦の誕生会をしました!
ナント!還暦のお祝いでした!
夫の父が亡くなったのは60歳。
⁡当時私たちは、まだ20代でした。
あの頃って、60代は凄く遠い未来のことだと思っていました。
⁡義父が亡くなった歳と同じ歳に、夫はなったんですね。
⁡本当に早いですね。
誕生日のお祝いは、私が東京か田舎にいる時のタイミングで、お祝いができる時はしているといった形です。
⁡実は今回の夫の誕生日は、私は東京で開催される勉強会に、参加する予定でした。
⁡田舎に帰った時に、二人でお祝いでもしようかなと軽く考えていたんです。
しかし、夫は子供達に、「帰ってこないの?お父さんと映画でも観に行かない?その時美味しいご飯でも食べに行こうよ」と家族LINEではなく、ダイレクトに子供達に送っていたんです。
⁡私は何をコソコソしているんだろうと、「そういうのやめてよ」と電話をしたんです。
すると夫は、「家族LINEに入れたら勉強会に参加をするお前が、気を悪くするかと思ったから子供達に直接送っただけ」と。
⁡更に、「あまり口にはしたくなかったけど、今回の誕生日は俺は還暦だからね、他の誕生日とは違うからね」とキツく言われたんです。
これには、私は反省をしました。
⁡私が頑張れる源は、家族との時間をたくさん持ちたいと思っていたからなのに、一番大切なことを置き去りにしてしまっていたんです。
勉強会は6月にも開催されるようなので、そちらに変更をしてもらい、夫の誕生日前日までに予定を終わらせて田舎に帰りました。
⁡子供達の予定もどうなるか分からず、場合によっては夫は還暦の誕生日を愛犬レイと、寂しく過ごすことになってしまったかもしれません。
本当にひどい妻です。
幸いに子供達も帰って来ることができました。
せっかくなので、私は夫にとって、どういう形でお祝いをすれば喜んでもらえるかを考え、⁡いつも夫が友達と行っている馴染のお店でサプライズでお祝いをすることにしました。
友達にも夫に内緒で、サプライズで参加をしてもらい、お店でケーキも準備してもらいました。
友達の妹さんが作った赤いちゃんちゃんこを着て「嫌だな〜」と言いながらも夫は嬉しそうでした。
娘からは、夫の名入りのビールでも日本酒でも合う切子のグラスをプレゼント。
娘はどういうのがいいのか、だいぶ悩んで買っていました。
息子からは、還暦らしい赤いビンに入った金粉入りの日本酒でした。
ラベルに夫の名前が入っていて、「原材料名、尊敬度、製造者」に書いてあることが息子らしくユーモアがありました。
息子は自分からのプレゼントなのに「家族一同より」と入れてくれる優しさもあるんですよね。
私は夫のリクエストで、革の財布をプレゼントしました。
私も好きなブランドで、息子もそこの財布を使っているので、息子とお揃いにしてあげたら嬉しそうでした。
そして、思いつきで子供達の成長にあわせていつも記念写真を撮ってもらっていた写真館に連絡をし、家族写真も撮ってもらいました。
⁡息子の成人式以来でした。
⁡夫の還暦に、撮れてよかったです。
夫のご立腹に、一時はどうなるかと思った還暦祝い。
⁡友人や家族が揃い、馴染みのお店でお祝いができてよかったです。
夫の本音を聞かなければ、私は分からないまま、きっと勉強会に参加をしていたことでしょう。
⁡反省です。
お義父さんの分も長生きしてください。
還暦のお誕生日おめでとう。

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2024 All Rights Reserved.