成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

たった一人のためが毎日の原動力!人の背中を押すつもりが自分が押してもらっていた

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる不動産投資コンサルタント|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

only oneの人へ届ける。

そのために頑張れる。

きっかけはそこから、だから日々積み上げられる。

そんな素敵なメッセージをいただいた昨日でした。

前を向いて進んでいる人

昨日は、同じマヤ暦仲間でもある”KUMIKO”さんと会って、ランチをしました。

先日発売された、雑誌「HERS」に一緒に掲載された方なんです。

 

発売直前まで、お互いに掲載されることは知りませんでした。(笑)

ここで、50代あるあるなんですが、目の前のお料理に盛り上がり、おしゃべりに夢中になって写真を撮るのを忘れてしまう。

しかも、自分が写っている写真は1枚もない、という”50代の写真取り忘れ問題”が、昨日もありました。(笑)

 

ここに掲載した写真の下の2枚(KUMOKOさんがスマホで撮っている写真)以外は、以前ランチをした時に撮ったものです。(KUMIKOさんお美しい!)

昨日は銀座にあるお店で、ロケーションも良く、これまた天気も良く、とても写真映えするシチュエーションだったにもかかわらず、私達は「あ、写真」と”映える写真”からは程遠い、備忘録的な写真を慌てて撮る始末でした。(私もKUMIKOさんも同学年の同級生)

 

ランチの後、昭和感漂う地下にあるお店(場所がよくわかっていない問題でもう二度と行けないかも!)に入り、「このお店いいね〜」「落ち着く〜」「また来よう〜」を連呼し、「せっかくだから」(←これも50代がよく使うワード)と、ランチでお腹いっぱいでもパフェとコーヒーのセットを頼み、しっかり食べきりました。(笑)

 

 

KUMIKOさんとは今まで、マヤ暦の勉強会でご一緒したり、zoomでも1対1でおしゃべりをしていたので、お優しく明るいお人柄は存じ上げていました。

今回はリアルでお会いするのが2回目でしたが、やっぱり魅力的な方だなと思いました。

 

私もKUMIKOさんも朝型人間で、毎朝のルーティンを決めているところが共通なんですが、私のKUMIKOさんの印象は、とてもキッチリした印象なんです。

なので、「KUMIKOさんのキッチリ感はどこからきているの?」と質問をしました。

 

なぜこんな質問をしたかというと、朝、SNSを開くと必ずKUMIKOさんの投稿が最初の方に出てくるからなんです。




たった一人の人へ届けることが続けることへの原動力

投稿時間を見ると、結構早い時間なんですよね。

すると、「楽しみにしてくれる人がいるからと、もう一つの理由は、友人が毎朝出勤前に見てくれるからなんだよね」と返事が返ってきました。

 

「うわ!なんて素敵な話なんだろう!」と思わず口に出してしまいました。

ぶっちゃけた話をすると、50代にもなると、毎日SNSを投稿するのって覚悟がないと続けられないんです。(KUMIKOさんと、とても共感したところです^^)

 

KUMIKOさんも、きっと始めたのは「 よし、頑張ろう!」という自分への鼓舞からだったと思うんですよね。

私も同じように始めたきっかけは、「頑張って発信してみよう!」という自分への鼓舞からでした。

 

それが、「毎朝楽しみにしているよ」という言葉だったり「インスタを楽しみに読ませていただいてます」といった嬉しい言葉をもらうと、「その人のために頑張ろう!」「背中を押してあげれるといいな」という気持ちが芽生えて、更に頑張れるんです。

これは、「自分の為に頑張るぞ!」よりも、効果絶大なんですよね。

 

人のため、それがたった一人のためでも、毎日続けられる原動力になることってありますよね。

私もそこが、続けられる理由だと思います。

 

KUMIKOさんも始まりはそこで、今はたくさんの人に見ていただいて、嬉しいコメントもいただいているそうです。

 

「一つ一つの積み上げで、自分が人の背中を押そうと思って始めたことが、逆に自分が押してもらっていた」そんなことを感じたKUMIKOさんとの心温まる時間でした。

 

KUMIKOさんのインスタグラムはこちら
↓  ↓
カウンセラー/KUMIKO

 

 

 

ポチ嬉しいです! ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

↑  クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる不動産投資コンサルタント|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2022 All Rights Reserved.