成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

豊富な知識や経験を生かして豊かな人生を送るための人生二毛作時代の生き方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

人生二毛作という言葉があります。

一毛作目は会社員として働く時期で、かつてはこの時期が終われば、あとは人生をのんびり過ごすだけでした。

でも、今の60代、70代、80代の人たちは、とても元気ですので、のんびりしているだけではもったいないですよね。

二毛作目で全く新しい人生を送る

「人生100年時代」といわれている今は、一毛作目が終わっただけではその後もまだまだ時間が残されています。

つまり、「二毛作目で全く新しい人生を送る」ことができるというわけです。

 

二毛作目の人生を使って、これまで培ってきた豊富な知識や経験を生かして、積極的に社会に参加してみてはいかがでしょうか。

社会参加とは、働くことだけではありません。

 

独立、起業、ボランティアなどの、社会貢献活動、地域活動への参画支援などで社会に参加する方法もあります。

 

 

70代、80代の生活を不安に思う人は多いのが現状

それでも今の時代は、まだまだ若く体も元気なので60歳以上の方々は、70代80代の生活に不安を抱いて働きたいという人が多いことは分かります。

自分が経験してきた豊富な知識や経験を生かして、二毛作の人生の送り方を今から考えておくことは大切です。

 

働くにしろ働かないにしろ、人生の中盤からは自分が病気になった時や働けなくなった時でも心に余裕を持ちながら、お金が入ってくる仕組みを今から作っておくといいですね。

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2023 All Rights Reserved.