LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

【今日のマヤ暦】K232 開き直ってみることで新しい可能性が広がる

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます。

気持ちをニュートラルにして過ごしたい人の案内人、マヤ暦ライフ研究家の 成瀬汐里 です。

 

2021年8月3日(金)

今日のキンナンバーは
K232
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の232日目)

 

黄色い人
白い風
音11

ガイド:黄色い人

 

 

今は、マヤ暦では「白い風」の13日間です。(今日は11日目(音11)です)
白い風の紋章のキーワードは

・繊細な感性
・インスピレーション
・スピリット

 

「白い風」の紋章が持つ大切な目的は、「メッセージ」です。

繊細な感性や心の動きに敏感であるが故に虚勢をはってしまい、自分の表のイメージと内側のイメージの繊細さのギャップに苦しんでしまうことがあり、自分が持つ大切なメッセージを伝えられずにいます。

主語を「あなた」ではなく「私は」にして、自分の気持ちや思いを伝えていくことが循環となり、全てが好転していきます

思いを留めるのではなく、大切なメッセージを伝えていくことこそが、魂が磨かれ覚醒していくことになるのです。

 

 

●今日のもう一つのエネルギー「黄色い人」のキーワード

・自由意志
・こだわり
・道

 

●音11 ・・・ 初志貫徹

 

今日 K232のメッセージは「開き直ってみることで新しい可能性が広がる」です。

今日は「白い風」の13日間の11日目(音11)です。

音11のキーワードは「初志貫徹」。

もう一つのエネルギーは「黄色い人」です。

 

自分の不得意なことに、挑戦しなければならない時ってありますよね。

どうしても嫌だけど、そのことをやらなければいけない時。

 

仕事だから「やりたい、やりたくない」を言ってられない時や、子供のPTA絡みの時など。

私にも、仕事の時や子育ての時に、そんなことがいくつかありました。

 

下の子が小学校に入学したばかりの時に、周りの先輩ママさん達から「小学校の保護者役員は必ずやらなければならないから、低学年の時にやった方が大変じゃないから早めにやった方がいいよ」と助言をされました。

仕事との両立も考え、「低学年のうちが楽であろう」と、下の子が1年生の時に各クラスから5名ずつの選出に自ら立候補をして、私は無事に役員をやることになりました。

 

ところが、なんの間違いか、役員どころか学年委員長になってしまったのです。

これは、想定外のことでした。

 

学年委員長に選ばれた時は、「困ったな…」の一言が頭の中でループし、心の中では「誰か別の人がやってください、お願いしまーす!」と叫んでいました。

しかし、そんな気持ちはお構いなしに話はどんどん進んでしまい、結局私が引き受けることになってしまいました。

 

”低学年の時に保護者役員をやった方が大変じゃないよ”どころか、学年の行事を決めたり、何かあれば学校から連絡がきたり、学年全体で決めた行事に本部役員から開催3日前の夜にダメ出しの連絡がきたりと、大変な一年間でした。(笑)

 

 

でも、息子はとっても喜んでくれていました。

学年で何か行事があると、自分のお母さんが挨拶している姿を見るのが、とても嬉しかったようです。

 

私が登壇をして挨拶をしている最中に、息子と目が合った時、キラキラした目をして私の挨拶を聞いていたのを、今でも思い出します。

1年生もあと少しで終わる頃に、息子から「お母さん、僕が2年生になった時も学年委員長やってよ」と言われました。

 

しかし私は、息子にこう言いました。

「お母さんばかりが学年委員長をやったら、他のお母さんができなくなってしまうでしょ?、だから、お母さんは1年間でおしまいなんだよ」と言ったら、残念そうにしていました。

心の中では「早く任期が終わってほしい」と思っていた私ではありますが。^^;

 

私が、ずっと仕事で忙しくしていたので、息子はとても嬉しかったんだと思います。

あんなキラキラした目を見ることができたのは、気が進まなくても学年委員長をやったおかげですね。

 

そして、ママ友もできたので、少なからずとも「〜くんのママ」という立場で、ママ友とのランチ会に参加をすることができたので、今となってはあれはあれで良かったのかなと思います。

多分、学年委員長をやらなければ、ママ友ができないまま小学校を終わらせていたかもしれません。

 

やりたくないことは、どうしても苦手意識が先にきてしまいますが、開き直ってやってみると楽しいことが待っていたりもします。

決して、自分が勝手に思い込んでいる、嫌なことばかりではないということを学んだ時でした。

 

 

さて、今日のもう一つのエネルギーは「黄色い人」です。

黄色い人は、こだわりが強く食わず嫌いなところがあり、「あれは良い、これはダメ」と勝手にジャッジしてしまうところがあります。

 

それがエスカレートしてしまうと、孤立したり、自分の考えや良識の範囲でしか判断できなくなってしまいます。

それでは、自分の可能性を自分で潰しているのと同じことです。

 

今日は、やりたくないことや今まで苦手意識だったことを、開き直ったつもりでやってみてください。

新しいことをやってみるのは、自分の「新たな”可能性”を見出すチャンス」でもあります。

 

食わず嫌いのままで終わらせてしまっては、「美味しいものか美味しくないものか」を知ることができません。

それでは、せっかくのチャンスから可能性は広がりません。

 

是非、開き直ったつもりでやってみてくださいね。

その先に、嬉しいことが待っているはずですよ^^

 

 

 

今日の幸運を引き寄せる”花と色”

 

花:突抜忍冬(つきぬきにんどう)
色:朱色

 

繊細な心であるが故に、外からの情報の受け入れをどこかで拒んでしまいます。心の扉を開いて、意見を交わしてみると思わぬ発見に出逢うはずです。

*花言葉* 献身的な愛、愛の絆、真実の愛

 

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.