成瀬汐里LINE公式の登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

【今日のマヤ暦】K208 自分だけの時間を大切にして心を休めましょう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に、原因不明の腹部の痛みに襲われ、発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後、1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は、大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の仕事を通しての経験、子育て、家事との両立と、40代後半に入ってからの仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや愛おしさ、自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことをブログで発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます。

気持ちをニュートラルにして過ごしたい人の案内人、マヤ暦ライフ研究家の 成瀬汐里 です。

 

2021年7月10日(土)

今日のキンナンバーは
K208
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の208日目)

黄色い星
黄色い戦士
音13

ガイド:黄色い人

 

 

今は、マヤ暦では「黄色い戦士」の13日間です。(今日は13日目(音13)です)
黄色い戦士の紋章のキーワードは

・戦いの力
・自己との戦い
・挑戦

 

「黄色い戦士」の紋章は、チャレンジすることを通じて「自己鍛錬」をする意味を持っています。

チャレンジすることは勇気が必要ですし、パワーも使います。そして、自分自身との戦いでもあり、その戦いが自分の視野を広げ、成長へと導いてくれます。

戦うのはあくまでも自分の中にある「エゴ」や「偽りの自分」です。

新しいことにチャレンジをし、過去の自分を脱ぎ捨てていくことで人は成長をし、覚醒をするのです。

 

●今日のもう一つのエネルギー「黄色い星」のキーワード

・姿、形を美しくする
・均整の美と調和
・星

 

●音13 ・・・ 没頭

 

今日 K207 のメッセージは「自分だけの時間を大切にして心を休めましょう」です。

今日で「黄色い戦士」の13日間が終わり、今日は13日目のギフトの日です。

更に、今日は『第四の城』の52日間の最終日です。

今日は、「黄色い戦士」の13日間と「第四の城」の52日間をダイアリーを通して振り返ってみましょう。

 

私の黄色い戦士の13日間は、「自分の中での戦い」と思うことの繰り返しでした。

  • アドバイザー試験が、過去に2度延期や中止になってしまって今回ようやく受験にチャレンジができたこと。
  • 今後の家族との生活の新たなかたちへのチャレンジ。
  • 自分の今までの思考を変えて「自分軸」に寄せて我慢を最小限に抑えて「どうすれば出来るか」を軸にチャレンジし始めたこと。

まさに黄色い戦士の「自分自身との戦い」「チャレンジ」の13日間でした。

 

そして『第四の城』は、「赤い地球」の心のつながりから始まった52日間でした。

 

●「赤い地球」の13日間・・・心のつながり、共時性、心の連携

●「白い犬」の13日間・・・誠実、家族愛、信頼、ハート

●「青い夜」の13日間・・・豊かさの力、夢見る、直感

●「黄色い戦士」の13日間・・・チャレンジ・挑戦、行動、自問自答

 

「赤い地球」の13日間は、自分の周りの人と今までのように交よわせていた心の繋がりを、何度も再確認をする期間でもありましたし、「白い犬」の13日間は、その何度も再確認したことが「信頼」となり、「安心」へと変わっていきました。

そして「青い夜」の13日間は、直感や自分の中にある「考え」や「夢」を再確認しながら、「黄色い戦士」の13日間へ移った時に、自問自答をしながら行動やチャレンジをしてきた『第四の城』の52日間でした。

 

『第四の城』は「赤の第一の城の時に蒔いた種を刈り入れる時期」でもありました。

自分自身だけを見つめ直すと、自分の内面の奥にブレや迷いがあるので、迷走をし続けた52日間でした。

 

次の『第五の城』の52日間は、「自分の中を整理し、再スタートに備える時期」になります。

これから自分がどう変わっていくのか、自分の中のまだ見えていない「種」が、芽を出すことが出来るのかを考えながら、焦らずに流れに身を任せて過ごしていきたいと思ってます。

 

是非今日は皆さんも、「黄色い戦士の13日間」と『第四の城の52日間』を振り返ってみてくださいね^^

 

 

今日の幸運を引き寄せる”花と色”

 

花:エゴノキ
色:アイボリー

 

時には身震いするほどの無理難題に挑んでみましょう。失敗してもいいのです。努力だけでは手に入れられない自信が身につくはずです。

*花言葉* 壮大

 

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に、原因不明の腹部の痛みに襲われ、発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後、1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は、大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の仕事を通しての経験、子育て、家事との両立と、40代後半に入ってからの仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや愛おしさ、自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことをブログで発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.