LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

夢を叶える人の3つの行動と 夢を叶えられない人の2つの理由とは

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

私の周りには、意識の高い人がたくさんいます。

その人達は、大きな山を少しずつ登るように一歩一歩前へ踏み出して、『夢』を叶えています。

どういう人達が『夢』を叶えているのか、お伝えしたいと思います。

「夢を叶える人」は行動が早い

先日、Zoomで数名の「夢を叶えている人達」と情報交換をしました。

今、気になっていることや、実行していることなどを共有していく中で、読んでいる本やおすすめの本の話になりました。

すると、まだ読んでいない人達が揃って会話をしながら、メルカリ→Amazon→楽天、といった順で検索をし始め、その場で購入をしていました。

次に、試してみて良かったものや、気になる会社、ビジネスの話しになると直ぐに誰かが検索をし始めて、自分の意見や知識を話してくれます。

 

「夢を叶える人」は、とにかく行動が早く、常に興味を忘れずに情報を共有する人が多いです。

 

「夢を叶える人」は自分に投資できる人

「こうなりたい」、「あんなふうになりたい」と考えている人はたくさんいます。

しかしそこには、自分に必要となる学びや経験が必要となるので、お金も必要になります。

「どうしてもこうなりたい」という気持ちの強い人は、そのことが必要なものと捉え、お金を払って学んだり体験をしたりします。

 

とはいうものの、お金がない人は工夫をして、なんとか学ぶ方法を考えます。

毎朝通勤途中で買うコーヒーをコンビニコーヒーに変えたり、お昼は外食ではなくお弁当にするなど、お金を貯める工夫をしている人がとても多いです。

 

また、「自分への時間の投資」もします。

ダラダラと動画やスマホを観たり、休みの日は寝ているだけ、といった無駄な時間の使い方をしていない人が多いです。

通勤時間にも、勉強や必要である情報を得るための時間にあてていたりして、隙間時間も有効に活用します。

 

そして、余暇も大切に時間を過ごしています。

気分転換に、興味のあったカフェに脚を運んでコーヒーを飲んだり、気になっていた映画を観たり、家族と食事を楽しんだりする時間を、きちんと確保してメリハリをつけています。

 

「夢を叶える人」は、自分に「お金」と「時間」を惜しまず、無駄に使うことはありません。

 

「夢を叶える人」は諦めない人

自分がなりたいことや、なっている姿を想像しても、直ぐに「どうせ無理」や「私なんて」と考えて前に進まない人も多いです。

しかし「夢を叶える人」は、どうにかしてやることを考え、工夫をし、行動に移して諦めません。

小さなことからコツコツと毎日諦めずに行動に移します。

その行動が、1年後、3年後、5年後、10年後に大きく差が開いて、「夢を叶える人」と「夢を叶えない人」に分かれます。

 

「夢を叶える人」は、目先のことばかりを見るのではなく、今できる小さなことからコツコツと、自分のゴールだけを見つめて行動し努力する人です。

 

「夢を叶えられない人」は答えを出そうとせずに不平不満ばかりを言っている

理想の話しはするけど、「だから、こうする」という答えを出さずに、その場だけの話しで終わってしまいます。

たくさんのいろんな話しをしても、また話しが振り出しに戻ってしまい、答えが出ないまま「なんの話しをしていたんだろう」と聞いているほうも、不完全燃焼な気持ちにさせてしまいます。

 

「分かってはいるんだけど・・」「仕方ないからしょうがないけど・・」と言いながら不平不満を言い続けるだけで、内省をすることはせずに、その時その時で自分以外の人や物に不満の言葉をぶつけるだけで、解決方法を人に求めても、人の話しは聞き入れずに、解決しないままで終わってしまいます。

 

「夢を叶えられない人」は一歩踏み出す勇気がない

自分ができない状況であることや、できない理由ばかりを見つけ、やろうとせずに、一歩前へ踏み出す勇気がありません。

そのために、1年後も3年後も同じことを言っている人が多いです。

 

そして、1年後も3年後も「あの時は〇〇のせいで、仕方なかった、できなかった」と言っていて、またその時の、できない状況やできない理由を話しています。

 

まとめ

「夢を叶える人」と「夢を叶えられない人」との違いは、

  • 行動に移せる人
  • 自分へ「お金」を投資できる人
  • 自分へ「時間」を投資できる人
  • 諦めない人
  • 不平不満を言わない人
  • 今の状況を変えたいと真剣に考える人

で、1年後の自分、3年後の自分、5年後の自分、夢が叶った時の自分を想像して、行動に移せる人です。

私の周りには、そういう人達が多いです。

 

「夢を必ず叶える」には、今日からでも毎日コツコツ、ワクワクしながら、夢が叶った時の自分を想像して、一歩前進することです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.