成瀬汐里LINE公式の登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

【今日のマヤ暦】K191 相手の心の声に耳を傾けましょう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に原因不明の腹部の痛みに襲われ発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の会社員生活を通しての経験、子育てや家事との両立、40代後半に入ってから仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます。

気持ちをニュートラルにして過ごしたい人の案内人、マヤ暦ライフ研究家の 成瀬汐里 です。

 

2021年6月23日(水)

今日のキンナンバーは
K191
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の191日目)

青い猿
青い夜
音9

ガイド:青い手

 

 

今は、マヤ暦では「青い夜」の13日間です。(今日は9日目(音9)です)
青い夜の紋章のキーワードは

・豊さを夢見る
・囲い込み
・夜

 

夢をみるのは素晴らしいことです。

「今後どんな仕事をしたいのか」「どんな自分になっていたいのか」、決して周りの人の意見に左右されたり、合わせたりする必要はなく、自分が「本当にやりたいこと」「本当に好きなこと」を見つけ、没頭できる素晴らしさを実感した時、人は覚醒するのです。

「青い紋章」は、自分がただ「好き」と思ってやってきたことが、多くの人に希望や勇気を届けていた、ということに気づいた時に活性化し、夢が現実へと導かれるエネルギーです。

 

●今日のもう一つのエネルギー「青い猿」のキーワード

・高い精神性
・精神的生命を育む
・トリックスター

 

●音9 ・・・ 傾聴

 

今日 K191 のメッセージは「相手の心の声に耳を傾けましょう」です。

自分の周りに、笑うツボが同じ人だったり、いつも楽しい会話で盛り上がる人がいた場合、いつの間にかパートナーになっていたということに、今日は気づく日かもしれません。

 

今日のもう一つのエネルギーである「青い猿」は、楽しいことや、目の前の人を喜ばせることが大好きです。

かしこまったことはあまり得意ではありませんので、フランクに楽しくできる人には、すぐに気持ちをオープンにします。

 

しかし、相手の立場や考えを無視して、突っ走ってしまうところがあります。

知らず知らずのうちに、「相手の気持ちに負担になってしまっていた」なんてこともなっていたりします。

そうならない為にも、相手の行動や言葉に耳を傾けることも大事です。

今日は、自分のことばかりを押し通すのではなく、相手の立場に立った物事の考え方や見方を忘れないようにしましょう。

表面的なところではなく、内側の部分を汲み取り、内面の「声」を感じ取れるようになると良いですよね。

 

そして今日は、音9の「傾聴」も重なりますので、相手が発する言葉や、相手の心の中の声を聞いてみましょう。

「こんなふうに考えていたんだ」「こんな辛いことも乗り越えたんだ」というような気づきがあるかもしれません。

 

今日は是非、笑いの中にも、相手の言葉や心の声に耳を傾けてみてくださいね^^

 

 

今日の幸運を引き寄せる花と色

 

花:アーティチョーク
色:紫

 

周囲の心を汲み取って自分のことのように感じ、人を楽しませようとする気持ち。

*花言葉* 独立独歩、孤独、厳格

 

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に原因不明の腹部の痛みに襲われ発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の会社員生活を通しての経験、子育てや家事との両立、40代後半に入ってから仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.