LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

K148 問題は外で起きているのではなく自分が招いている

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

2021年5月11日(火)

K148
(260日サイクル マヤ暦(ツォルキン)の148日目)
*黒キン連続10日間の3日目
黄色い星
黄色い種
音5

ガイド:黄色い戦士

 

今、マヤ暦では「黄色い種」の13日間です。(今日は5日目(音5)です)
黄色い種の紋章のキーワードは

・生命の種
・目覚め
・開花の力
・イデア(アイデアの語源)

「人生は魂の覚醒の旅」です。大切なことを学び、成長するために必要なことは「無限の可能性に蓋をしない」ことです。
黄色い種は現状維持を望んでしまいます。「本当の自分」を開花させるためにこの世にやってきたのに、それでは魂の成長に結びつきません。新たな挑戦意識をもって現状維持から抜け出した時に、人は覚醒するのです。

 

●今日のもう一つのエネルギー「黄色い星」のキーワード
・姿・形を美しくする
・均整の美と調和
・星

●音5 ・・・ 目標設定

 

今日 K148 のメッセージは「問題は外で起きているのではなく自分が招いている」です。

今マヤ暦では、黄色い種の13日間を過ごしています。

黄色い種は、種という字がつくので根本的なところから知りたがる、学習意欲の高いエネルギーです。

そして、今日はもう一つの紋章の黄色い星のエネルギーのも流れています。

黄色い星は、才能に溢れているので完璧思考が顔を出してしまうと、自分自身にはもちろん他の人にもそれを求めてしまいます。

  • 他の人が自分の思うようなクオリティーに仕上げることができない
  • 1度言ったことをちゃんとできない
  • どんな理由があっても時間に遅れることは許さない
  • 子供に「こんな簡単なこともできないの!」と責めてしまう
  • 夫の悪いところばかりが目に付いてしまう

しかし、人には個性というものがあり、事情もあります。

他の人に完璧を求めてしまうと自分自身もしんどくなってしまい、人との関係も自分の気持ちもギクシャクしてしまいます。

そして、自分の考えが当たり前と思い込んでいると、相手を思いやることや労ることができません。

そのためには、自分の内側に目を向けて寛容な気持ちを意識し、自分以外の人を「認める」ことが大切です。

 

黄色い星は、芸術的センスやファッションセンスが高いものを好む傾向もあります。

今日は、相手のことを「評価してしまう」と感じたら、好きな芸術に触れたり、気に入ったファッションや綺麗なインテリアで自分自身や身の回りを飾ったりして、目で美しいと思うことに触れてみることをオススメします。

気持ちがウキウキして、気持ちに余裕ができますよ^^

 

 

メルカリの勉強会へ参加しました

一昨日、メルカリの勉強会に参加しました。

教えていただいた先生は、身の回りに物が溢れてしまって断捨離したいと思ったきっかけから、メルカリへ出品を始めたそうです。

私も時々メルカリに出品することはありましたが、主に書籍を出品するくらいでした。

 

先生は、いらなくなった洋服をはじめ、昔集めていた雑誌の切り抜きのスクラップ、着物の帯、イヤホンケースetc・・、いろんなものをメルカリに出品して販売してました。

しかも全て完売!

 

中でも私が驚いたのは、昔着ていた洋服のまとめ売りです。

出品する時にはつい欲が出てしまって、少しでも利益になればと思ってしまいます。

しかし洋服などは、「もともと処分するものなのだから、誰かに着てもらえれば助かるなぁ…」という、欲を出さない考えのほうが売れやすいのだと思いました。

そして、送料を考えると1着や2着で売るよりもまとめて売ったほうが、買った側はお得感を感じ、売った側はいくつも梱包する手間をかけずに送れるというメリットがあるのだと。

今まで考えたこともなかったのですが、何着もまとめて売るのもアリなんだと思いました。

 

あと、写真の撮り方もサイズが分かるように、売りたい物と一緒にメジャーを置いて撮ると、買う側の人にサイズ感が伝わりやすく買いやすいということです。

これはなるほど!と思いました。

 

今の時代は、自分が要らなくなったものでもそれが欲しい人に利用してもらえることができるので、もったいないと思って取っておかずに、メルカリやそれ以外のリサイクルサイトを利用して、身の回りをスッキリさせることができますよね。

大事に使っていたけど今は使わない、でも捨てられない、というものも必要としている人に使ってもらったほうが、「モノ」もまた必要とされる場所で輝くことができますね。

 

 

私も、衣替えをして要らなくなった洋服のまとめ売りや、もったいなくてなかなか処分できなかったモノを出してみようかと思います^^

 

今日も空を見上げて深呼吸。
笑顔でいきましょう!
٩(*^.^*)۶

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.