成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

50代からは人とのご縁は人生の後半を豊かにする 一期一会を大切に

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

今日は桜華純子さん主催の予祝ランチ会に参加してきました。

 

 

 

とっても、愛で溢れていました。

とにかく配慮があって暖かいんです。

席やテーブルに置いてある、メッセージや花束が嬉しすぎる💐

 

豊かさって、さり気ない配慮と心遣いを受け取った時に、心の奥の方から溢れてくるものだとも感じます。

ご主人の大山峻護さん、奥様の桜華純子さんご夫妻は、本当にそんなご夫婦です。

だから皆んな、お二人のことが大好きなんです。

 

そこに引き寄せられる方々も、素敵な方ばかり✨

参加すると、いつもエネルギーをたくさんもらいます。

 

人とのご縁って、生きている間に出来るものでしょ?

出会うこ自体が奇跡なんですよね。

 

だって出会わない人の方が多いはずで、その中からごく一握りの人に出会える。

ちょっとのタイミングで、出会えなかったりもするし。

 

これからまたどんな人に出会って、どんなふうに関わっていくのかを考えるととてもワクワクします。

そして、峻護さんと純子さんご夫妻のように、ちゃんと届けてあげられる人になりたい。

 

きっとそれを教えてくれる為に、命拾いした私に神様は大山さんご夫妻に出会わせてくれたのだと思います。

本当に感謝です。

 

今日参加した方々と共に過ごす時間の中で今年の一文字を書きました。

 

 

去年と一昨年の私のテーマは、『挑戦』でした。

今年はなんだろうと考えていると、『拓』という字が降ってきました。

 

自分の中にある、超えなければいけないことが、チラっと見えたからかも。

でも、軽やかに超えている自分も見えていた✨

 

今年はこの文字を意識して、一年間自分の目標に向かって進んでいきます。

 

今年一年の目標を参加者の方々と話しながら、改めて自分と対話をする良い時間を過ごさせてもらいました。

 

純子さん、こんな素敵な時間を作ってくださりありがとうございました。

今年もどうぞ、よろしくお願いしいます💕

 

 

こちらは、年明けの能登半島地震の被災地へ送る缶詰です。

参加者の皆さんが持参しました。

どうか一日も早く、平穏な日が戻ることを祈って。

少しでもお役に立ちますように。

 

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2024 All Rights Reserved.