成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

今やっていることは遠回りではない それは自分の引出しを増やす為の経験

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に原因不明の腹部の痛みに襲われ発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の会社員生活を通しての経験、子育てや家事との両立、40代後半に入ってから仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

「今やっていることが遠回りかもしれない」なんて思うこと、たくさんないですか?

そんなことを繰り返して「今がある」。

半世紀も生きていると、何度もそんなことを感じた時ありました。

私が感情で動かない人に惹かれる訳

今まで、いろんな人と関わりを持たせていただきました。

私にとって、素敵だな惹かれるな、と思う人は、「感情で動かない人」。

 

喜怒哀楽がちゃんと表現できるって、良いと思うんです。

でも、その表現の仕方を誤ると、受ける側からすれば”自己満足”や”我がまま”でしか見えない時もあるんですよね。

 

そこの表現をわきまえていて、受ける側が見ていて気持ちの良い喜怒哀楽を表現できる人は、感情で言葉を発したり、言って終わり(自分だけがスッキリしている)じゃない人が多いと感じています。

 

そういったことも踏まえたこの歳だから、付き合う人も自然と距離を置く人や、程よい距離感でお付き合いを続けていく人に別れていくような気がします。

今は、それで良いかなとも感じています。




過去の経験は今の自分の引き出しを多くする為の経験

過去の経験が、役に立っていることって沢山あります。

その時は「これって遠回りだよな」と思ってやっていても、「あの時があったから今に繋がっているんだ」と今になって気付く事も多いんです。

 

「ようやくこれがひと段落したのに、また別のことが起こるの⁉︎」なんてこと、何度もありました。

「私、全てうまくいっているよ」ばかりの人なんて、いないんですよね。

 

過去のことに縛られて、今、目の前にある幸せに気付かず、なかなか1歩を踏み出せない人もいます。

それこそ勿体無いですし、時間は無限ではありません、有限です。

 

過去の嫌な経験や、今起きていることは、将来何かの役に立つことが必ずくるんです。

実際、私がそう感じています。

 

生きている時の経験に無駄はないし、その経験が自分の引出しを増やしているんですよね。

だから、前を見て一緒に進みましょう。

 

何が起こるか分からないから、人生って面白いんですから。

 

 

 

ポチ嬉しいです! ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

↑  クリックお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。50代からの心と暮らしの整え方研究家。ファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。元お金系認定講師。東京と地方の二拠点生活。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子供が大学を卒業し社会人になったのを機にサラリーマンを卒業。自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に原因不明の腹部の痛みに襲われ発病からわずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経て、現在は日常生活ができるまで克服。病気になる前は大きな病気もせずに丈夫な体だけが取り得だと過信していた。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。30年間の会社員生活を通しての経験、子育てや家事との両立、40代後半に入ってから仕事と投資の学校との両立での学び、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2022 All Rights Reserved.