成瀬汐里"LINE公式登録"・"お問い合わせ"はこちらから

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

今ここを味わう年代、あまり先を見ずゆっくりと送る人生の後半の過ごし方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

昨日はとても暖かい日でした。

私が机に向かって作業中に夫は買い物に出かけ、私の実家で父と一緒にお酒を飲みながらご飯を食べていました。

私も遅れて参加をし、日曜日らしいOFF時間を過ごすことができました。

夫は私の実家で昼飲み、日曜の時間

昨日は、春の陽気でした。

インスタLIVEを終えたあとの反省会中、夫は一人で買い物に出かけ、我が家の愛犬レイちゃんと散歩をしながら私の実家へ向かいました。

 

反省会を終えた後、机に向かって作業をしていると、静かに夫は私の実家に向かったようです。

「お義父さんと、昼飲みしているから、ひと段落したら来たら?」電話で連絡がありました。

 

「え⁉︎そうだったの⁉︎」と、一昨日夫が買ってきていたワインを冷蔵庫にあるのを確認していたので、それを持って実家へ向かいました。

父と夫はお酒を飲んでいましたが、母は夫が買ってきていたお寿司を食べ終わっていました。

 

私が、家から持ってきたワインを母に見せながら「飲む?」と聞くと、「うんうん、飲んでみたい」と嬉しそうにしていました。

グラスに少しだけ注ぐと、「たまにはいいよね〜」と飲み始め、その後に、私、父、夫のグラスにもワインを注ぎ、4人で飲みました。

 

父はお酒に強いのですが、私は母似で、すぐに顔が赤くなって酔いが回ります。

昨日もその流れで、母と私はグラス半分の量で、顔を赤くしながら出来上がっていました。

 

 

人生の後半は、あまり先を見ずに今ここを味わう年代に

両親はもう晩年真っ只中。

夫も先月還暦を迎え、今月いっぱいで役職定年を迎えます。

 

本当に時が経つのは早いですね。

子供達が小さくで、賑やかだった頃を懐かしみながら、昔のように遠い未来を予想することもなくなり、「今、ここ」を味わおうと思っています。

 

先日、尊敬する大山峻護さんと、人気YouTuberでもあり料理研究家の藤本なおよさんとの対談で、「昔の自分は、今カレーライスを食べているのに、次はエビフライを食べたいと思っていた、今食べているカレーライスをちゃんと味わっていなかったんですよね」と大山さんがおっしゃっていたんです。

本当に分かりやすい例えで、私自身もそうだったんです。

 

4年前に病気をしてから、それをやめようと思っていたのですが、それを忘れてしまっているなと思っていたんです。

そのせいか、昨年の末くらいから、「今、ここ」という言葉が、頭に浮かんできていました。

 

大山さんとなおよさんの対談で、「ちゃんと”今、ここ”を味わいなさい」とメッセージをもらったような気がしました。

両親や夫との時間「今、ここ」を、ちゃんと味わっていこうと思います。

 

 

大山峻護さんと藤本なおよさんとの対談はこちら

藤本なおよの「ととのう」ラジオ #16【対談】元格闘家・大山峻護さんの幸せな人生を生きる秘訣とは?

 

 

ポチ嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

にほんブログ村 その他趣味ブログ マヤ暦へ

クリックお願いします!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
成瀬汐里(ゆうりん)1969年生まれ。心と暮らしが満たされる生き方|不動産投資家。ファイナンシャルプランナー、コーチングマイウェイ認定コーチ、ポジティブ心理学、元お金系認定講師、インテリアコーディネーター、マヤ暦アドバイザー。 東京と地方の二拠点生活。30年間住宅業界に従事、管理職を経験。家事、子育てを両立しながら家族のお弁当を27年間作り続ける。50歳を迎えたタイミングで子供が大学を卒業し、社会人になったのを機にサラリーマンを卒業し起業。しかし半年後に腹部に痛みが出始め、わずか10日間で歩行困難に。「脊髄炎」と診断。 退院後1年半の病気療養とリハビリを経てほぼ完治。 病気になる以前は大きな病気もせず、体が丈夫であることが取り得だと過信していたが病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生、健康、家族についてじっくり考える機会に。 30年間の会社員生活を通しての経験や仕事や子育てや家事との両立、40代後半に不動産投資を開始したこと、1年半の病気療養生活から分かった日常の大切さや"あたりまえ"の愛おしさをブログで発信。自身がアドバイザーでもあるマヤ暦のことも時々発信している。 マヤ暦KINナンバー:K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2024 All Rights Reserved.