LINEの登録はこちら

ー 50歳からの心と暮らしの整え方 ー 成瀬汐里のブログ

50代からのヨガ個人レッスン効果は 心と体に潤いと癒しをもたらす

ゆうりん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

ポストに投函されていたチラシがきっかけで、今受けているヨガの個人レッスンに繋がりました。

そして、楽しみながら健康を取り戻すきっかけの1つとなりました。

私がレッスンを受けている、50代からでも始められる「ゆるめるヨガ / 個人レッスン」のことを、お話ししたいと思います!

「ゆるめるヨガ・初心者向け」の文字にとても魅力を感じて!

昨年の10月頃、病気の後遺症もだいぶ回復をしてきたので、寒さが厳しくなる前に体のメンテナンスをしたいと考え、何かをしたくてウズウズしていました。

そんな時に、近くのコミュニティ会場で「ヨガ」「ピラティス」教室が開催されるチラシが、郵便ポストに投函されていました。

買い物から帰って、家に入る前にポストを確認した時に、目にしたチラシでした。

 

そこには、

「ゆるめるヨガ・初心者向け」

「ピラティス・初心者向け」

の文字が踊っていて、

 

これだ!!」 

と感じ、買ってきた商品がたくさん入ったエコバックを肩に掛けたまま、そのチラシに釘付けになりながら家の中へ入りました。

 

早速、チラシに書いてある内容を確認してから、連絡先が書いてある電話番号に電話をして申し込みました。

「ヨガ」と「ピラティス」の両方の教室を。笑

 

単発的な教室というのも私にとっては魅力的でした。

(しかし、ピラティスの方は参加前日から体調を崩してしまい、参加できませんでした。残念!)

 

過去のヨガ教室の苦い経験

3年ほど前に、冷え性の私は「ホットヨガ」に1年くらい通っていたことがありました。

「ヨガ」はエアロビのようにハードでもなく、見ていてなんとなく簡単そうに見えました。

 

しかし甘く見ていた・・。

 

初めてのレッスンは、40人くらいの参加者がいた会場の、最前列のほぼ真ん中付近を陣取り、先生の動きをしっかりと目に焼き付けようと、やる気満々な私でした。

しかし、レッスンが始まると私の体はガチガチだという現実を突きつけられ、ポスターなどでよく目にするあのカッコいいポーズとは程遠い、全く余裕のないグラグラして不安定な無様なポーズ丸出しでした。

 

その場に居るのが恥ずかしくて、2回目からは最後列の一番端で、ポーズをとるたびに

「イタタタタ・・」

と小声で口にしながら週に一度のレッスンに、1年くらい通いました。

 

そのヨガ教室は、東京の自宅の最寄りの駅から電車で4つ先の駅前にありましたので、行くのも億劫になってしまい、次第に足が遠のいてやめてしまいました。

 

そんな苦い経験もあるので、チラシに書いてある

『初心者向け』

という文字は、私の心がときめく素敵な文字でした。

 

レッスンに初参加! そして優しい先生との出逢い。

その時の参加者は10名で、参加している人達をざっと見ると、51才の私より年下らしい人は2人くらいでした。

開始10分前に受付を済ませたにもかかわらず、既に皆んな揃っていて、空いている場所は会場のど真ん中しかありませんでした。

そんなポジションでヨガをするにはとても恥ずかしくて、3年前の苦い経験が蘇ってきましたが、

「単発のレッスンだから!」

と自分に言い聞かせました。

 

因みにその時の私の服装は、上下白のスエット(有名アーティストのライブで買ったグッズ)。

持参したマットは、地方の自宅にはヨガマットは無いので、昔買った健康グッズのセットになっていた薄〜いマット?、いや「敷物」でした。

 

昔は、形から入る人間でしたが、今は・・・。

あまり気を遣わない、「エコ」な、ありのままの自分で生きています。← モノは言いよう。

 

レッスンが始まると、皆んなガチガチの人ばかりだったので、「良かった〜。 (ニヤリ) 」と心の中で思いながら、レッスンを楽しむことができました。

時々笑いもあり、和やかな雰囲気でレッスンは進みました。

 

過去に受けた「ホットヨガ」も初心者向けではありましたが、この時に受けた「ゆるめるヨガ・初心者向け」は、

無理にポーズをとることはせず、どちらかというと健康器具を使って凝り固まっているところをピンポイントでほぐし、少しずつ体全体をのばして柔らかくする

というものでした。

 

レッスンを受けながら、

「こういうのが、今の自分には合っている!」

と思い始めました。

 

レッスン終了後に先生のところへ近寄り、先生は自分のスタジオをもっているのか話しを聞きました。

個人スタジオをやっているという情報を聞くことができ、連絡先を教えてもらいました。

 

自宅に帰ってからすぐにホームページで先生の教室を確認して、教えてもらった連絡先にコンタクトを取り、体験レッスンを申し込みました。

 

体験 個人レッスンに参加

先生と話した時に、先生が理想とするヨガ教室は、

『自宅で少人数(2人まで)で行うことを理想とし、その人の体に合ったメニューを考えてレッスンを考えている』

と聞いて、ますます興味が湧いてきました。

 

私が通っているヨガ教室はこちら

Lotus yoga(ロータスヨガ)ホームページ

 

 

最初のレッスンに参加するために、ドキドキしながら先生のご自宅のチャイムを鳴らすと、先生の優しい笑顔と優しい声で迎えてくれました。

なんとも癒される空間の中で、先生はウィルカムドリンクを出してくれてから、カウンセリングから始まりました。

「今年の初め(2020年1月)に脊髄炎を発症しまして・・」から私の話しをしました。

 

脊髄炎闘病ブログ

【脊髄炎発症前症状】ウイルス感染の高熱と外耳炎を甘くみてはいけない!

 

しばらくの間、先生は私の話し聞きながら、「大変でしたね」と言いながら、時々私の方に顔を向けて相槌を打つように、カウンセリング帳に書いていました。

書き終えてから先生は、「病気で他のところも凝り固まっているので、先ずは体全体をほぐすところから始めましょう」と言った後に、本当に初歩的なところから(どちらかと言えばストレッチに近い)無理のない動きから始まりました。

レッスン終盤に、少しヨガらしいポーズを取ったりして、終わる頃には私にとっては大満足な内容でした。

 

レッスンが終わった後も、温かい飲み物を出してくれて、それを飲みながら和んだ雰囲気でその日のレッスンは終わりました。

 

今年に入って初めてのレッスン 私からは先生へマヤ暦のプレゼント

▲ラインが描いてあるヨガマットを購入して、レッスンもテンションが上がります!

 

個人レッスンは、今の自分の身体に合った進め方で、先生との信頼関係を築きながら受けることができるので、私が望んでいた理想の形でした。

 

病院のリハビリの先生が、「ヨガは呼吸を大事にしながら、身体に全体に空気をいき渡らせるので、とても身体に良いんですよ」と言っている意味も分かりました。

 

簡単な脇の下や脚の太ももを伸ばす時に、先生のネイルが凄く綺麗で撮らせてもらいました!

癒される先生と綺麗なネイル

このポーズはネイルも写すために正面で撮らせていただきましたが、左右にゆっくりと身体を動かし、普段使わない脇の下や太腿の内側を伸ばしていきます。

結構ジンワリと身体に効くので、使っていない筋肉が伸びます。

私の身体は、なかなか伸びきらなかったので、先生が太腿や腰と背中をマッサージしてくれました。

「痛気持ち良く」て、寝てしまいそうでした。(笑)

 

そしてこの日は、新年になって初めてということもあり、いつもお世話になっているお礼に、私が近頃勉強している”マヤ暦”で、先生の今後をみさせてもらいました。

先生は、「そう!そう! そうなの!!」と喜んでくれて、話しもだいぶ盛り上がりました。

時間があっという間に過ぎてしまい、気付いたら外は真っ暗!

慌てて家に帰りました。

 

心に余裕ができるっていい!いつものズボラワンプレート飯も夫に好評!

家に帰ったら既に夫が帰っていて、急いで夕飯を作りました!!

作っている時も、ヨガで体を無理なく動かしてきたせいか、気持ちに余裕と穏やかさが感じられました。

蓮根のはさみ揚げの甘酢に今日は擦ったニンニクをプラス

 

片栗粉をまぶした蓮根の挟み上げに火が通ったら甘酢を加えてひと煮立ち

 

夫も夕飯が出来るまで、お風呂に入ったり、愛犬と遊んだりして待っていてくれたので助かりました。

 

昨夜の我が家の夕飯

前日の残りのスープも一緒に、こんな感じで”ズボラワンプレート飯”の完成!

 

まとめ

50代になってからヨガを始めるのは、ハードルが高いと思うかもしれませんが、個人レッスンであれば周りの人も気にせずに、自分に合ったメニューで受けることができるので、是非やってみることをオススメします。

 

それと、何でも挑戦してみることも大事で、「自分に合わないな」と思ったら、別の教室へ通ったり、別のものに挑戦すればいいというような、ゆる〜い考えから始めるのが良いと思います。

私のように、ベストなタイミングで素敵な先生と出逢うことが出来るかもしれません。

 

そして、何と言っても気持ちに余裕とメリハリが出来るので、家事なども楽しく捗るといった相乗効果が生まれました。

是非、私のような楽しみを見つけてみてはどうでしょうか、気持ちがリフレッシュしますよ。(^^)

 

私が通っているヨガ教室はこちら

Lotus yoga(ロータスヨガ)ホームページ

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうりん
成瀬汐里(ゆうりん)・1969年生まれ。50歳からの心と暮らしの整え方研究家。東京と地方の二拠点生活。ライフアドバイザー、マヤ暦ライフ研究家。30年間住宅関係の仕事と家事と子育てを両立しながら、家族のお弁当も毎日作り続けて管理職も経験。子育ても終わりサラリーマンを卒業し自分のやりたいことを始めた矢先の50歳に脊髄炎を発症。リハビリに励み、現在は日常生活ができるまでに克服。病気療養という「人生の休憩時間」を持てたことで、自分の人生や健康や家族についてじっくり考え「ゆっくり丁寧に毎日を過ごそう」と決意し、日常のことやマヤ暦のことをブログで発信している。 K91 青い猿/青い嵐/音13 ガイド: 青い鷲
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 人生のブレイクタイム , 2021 All Rights Reserved.